手法解説記事

M&Aの記事一覧

M&A契約実務における「マーケットスタンダード」

M&A契約実務における「マーケットスタンダード」

M&A契約の実務では、ある問題点への対処法において一般に多く採用されている取り決めや一定の傾向の存在のことを「マーケットスタンダード」とか「相場」と呼ぶことがある。マーケットスタンダードは、M&A契約に限らず様々な取引類型で存在する。

記事を読む
MAEの発生等による合併契約の終了を認めたデラウェア州裁判例

MAEの発生等による合併契約の終了を認めたデラウェア州裁判例

M&A契約では、買収対象会社の事業に「重大な悪影響(MAE)」が生じていないことをクロージングの前提条件とする「前提条件条項」や、表明保証違反によりMAEが生じたことを理由とした「解除条項」が規定されることがあります。

記事を読む
VCが受託ビジネスを評価しない理由|受託の罠脱出ルート2

VCが受託ビジネスを評価しない理由|受託の罠脱出ルート2

GAFAのような企業を目指しスケールアップするには、どうしたらよいでしょうか。「受託の罠(ワナ)」脱出ルートその2では、キャッシュジャーニーマップ(CJM)を使用して、受託ビジネスの限界とVCの活用について考えます。

記事を読む
【公認会計士監修】株式移転(かぶしきいてん)|手法解説

【公認会計士監修】株式移転(かぶしきいてん)|手法解説

「株式移転」とは、新たに持株会社となる親会社を設立し、その親会社の100%子会社になる手法です。合併と違い、見かけ上は「兄弟」会社となるため、序列をつけたがらない日本企業が好む組織再編の手法といえます。

記事を読む
M&Aの評価で出てくる「マルチプル」って何?

M&Aの評価で出てくる「マルチプル」って何?

投資判断の場面でも、価格決定の場面でも、M&Aにおいて企業価値評価は重要です。企業価値を算定する場合に実務でよく使われる評価方法の一つに「マルチプル法(Multiple methods)」があります。

記事を読む
事業承継に必要な許認可手続き2|建設業編

事業承継に必要な許認可手続き2|建設業編

前回に引き続き、行政書士のM&A、事業承継への取り組みを取り上げます。今回は、事業者数としても多い建設業に絞って、行政書士から見たM&A、事業承継の留意点をまとめました。許可は自動的に引き継がれるのではなく、何らかのアクションが必要です。

記事を読む
【中小企業・事業承継】M&A後の体制整備を考える

【中小企業・事業承継】M&A後の体制整備を考える

今回のコラムでは、M&A後の体制整備として社長と経理の奥様が一緒に引退した後に、経理体制を経理担当を雇用することなく効率的に作る手法(実体験記)をお伝えします。

記事を読む
英語で「買収」を何という?|金融翻訳のプロに聞く

英語で「買収」を何という?|金融翻訳のプロに聞く

「買収」を意味する「Acquisition」「Buy-out」「Takeover」をネイティブはどう使い分けているのでしょうか?「語学で身を立てる」の著者で、10か国語翻訳家の猪浦道夫先生にニュアンスの違いを聞いてみました。

記事を読む
バイアウト(Buy Out)とは何ですか?

バイアウト(Buy Out)とは何ですか?

企業の業績が悪化した時に再建を図るために、バイアウト(Buy out)という手法をとることがあります。バイアウト(Buy out)は日本語で「買収」を意味します。今回はMBO、EBO、LBOについてご説明いたします。

記事を読む
多摩大学大学院 経営者の内面変革に重点 M&Aを学びたい人大集合(3)

多摩大学大学院 経営者の内面変革に重点 M&Aを学びたい人大集合(3)

多摩大学大学院経営情報学研究科藤本江里子客員教授は「中小企業の価値創造と事業承継」をテーマに2018年4月から7月まで15コマのゼミを実施。2019年も同様の内容で開講する。

記事を読む
のれん費用化の国際的な会計処理が見直される?

のれん費用化の国際的な会計処理が見直される?

国際会計基準(IFRS)を策定する国際会計基準審議会(IASB)が、企業買収を巡る会計処理の見直しに着手しました。今までは減損一辺倒であったIFRSにおける「のれん」の会計処理が、規則償却を基本とする日本基準に近づく可能性が出てきました。

記事を読む
【まとめ】2018年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2018年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

2018年7月-9月に発表されたM&A案件から抜粋してご紹介します。

記事を読む
EBITDA倍率8倍は、結局高いのか安いのか?

EBITDA倍率8倍は、結局高いのか安いのか?

EV/EBITDA倍率について、しばしばM&Aの際目安とされているが「8倍~10倍」という倍率です。日本のような先進国では、事業の成長性が海外の新興国等に比して低くなるため、8倍程度が妥当と見做されることが多いと思われます。

記事を読む
ヒアリング調査の実際|初めて利用する人の「労務デューデリジェンス」(2)

ヒアリング調査の実際|初めて利用する人の「労務デューデリジェンス」(2)

M&Aにおいて重要性が高まっている労務デューデリジェンス。初めて利用する人に向けてやさしく解説します。今回はヒアリングリストの作成方法です。

記事を読む
買収価格=純資産+営業利益3年分は理論的に間違いか?

買収価格=純資産+営業利益3年分は理論的に間違いか?

会社の売却価値評価で「買収価格=(時価)純資産+営業利益3年分」とM&A仲介会社のホームページに書かれたのを目にした方も多いのでは。ざっくりとした評価は、はたして理論的には間違いなのでしょうか。

記事を読む
「事業承継士」ってどんな人?

「事業承継士」ってどんな人?

近年、経営者の高齢化や後継者不足の深刻化により、事業承継問題が我が国の重要課題となっています。事業承継支援の専門家として認められる資格の中から今回は民間資格の「事業承継士」をご紹介します。

記事を読む
【2018年1-6月期(上半期)】日本企業M&A公表案件ランキング

【2018年1-6月期(上半期)】日本企業M&A公表案件ランキング

2018年1-6月期(上半期)の日本関連M&A公表案件は25.4兆円と、上半期ベース初の20兆円を突破し、すでに2017年の総額を超えた。今期首位の武田薬品工業によるシャイアー買収が寄与した。

記事を読む
【M&A相談所】金融機関からの借入で業績がひっ迫しています

【M&A相談所】金融機関からの借入で業績がひっ迫しています

今回のご相談者は北海道で食品製造業と飲食店を営むNさんです。売上高は多いものの、3つの金融機関からの借り入れで業績がひっ迫しているとのこと。M&A(スポンサーからの支援)による再生など選択肢がありそうですが、誰に相談すべきでしょうか。

記事を読む
これだけあるよ!M&Aマッチングサイト

これだけあるよ!M&Aマッチングサイト

いま国内で急増する「M&Aマッチングサイト」をまとめてみました。各サービスとも案件数の多さを競っており、覇権争いが過熱しているといえそうです。

記事を読む
【2018年1-3月期】日本企業M&A公表案件ランキング

【2018年1-3月期】日本企業M&A公表案件ランキング

トムソン・ロイター調べによると、2018年1-3月期(第1四半期)の日本企業が関連するM&A公表案件は、7.4兆円(932件)と過去最高のスタートとなった。今期最も活発だったのは国内案件で、3兆円超えた。

記事を読む
「相続」と「贈与」の決定的な違いは?

「相続」と「贈与」の決定的な違いは?

相続対策には大きく2つあります。それは「争族対策」と「税金対策」です。さて、税制では「贈与」と「相続」を別のものとして区別して規定されている以上、この事象を全く違うこととしてとらえなければいけません。この違いはなんでしょうか?

記事を読む
「株式対価M&A」これから どうなる 矢部謙介中京大学教授に聞く

「株式対価M&A」これから どうなる 矢部謙介中京大学教授に聞く

2018年度から株式対価M&Aに関する株式譲渡益への課税が繰り延べされる。これによって自社株を対価とした事業再編や、大型のM&Aが容易になると期待されている。M&Aの研究に取り組んでいる中京大学の矢部謙介教授に新制度の効果について聞いた。

記事を読む
【初心者におすすめ】M&Aについて学べるマンガはコレだ!

【初心者におすすめ】M&Aについて学べるマンガはコレだ!

「M&A」という言葉が世間に浸透してきた昨今。とはいえ、「M&Aって難しそう」「M&Aは自分には関係ないこと」と思っている人はまだまだ多いはず。そこで、そんな人たちにぜひ読んでみてほしい、M&Aを題材にしたマンガを紹介する。

記事を読む
自社株によるM&Aのルール緩和「大廃業時代」に光明が差すか 

自社株によるM&Aのルール緩和「大廃業時代」に光明が差すか 

政府は、自社株を用いたM&Aの規制を緩和する。売り手の負担となっている会社売却益への課税を繰り延べすることで、売却意欲を高めM&Aの活発化を図る。併せて買収手続きも簡素化し、手元資金が潤沢でないベンチャー企業もM&Aに取り組みやすくする。

記事を読む
私大に「学部譲渡」を認める方向へ 学校法人のM&A

私大に「学部譲渡」を認める方向へ 学校法人のM&A

大学入試も佳境を迎え、受験生のみなさんも最後の追い込みをかけているところでしょうか。今、​文部科学省は​私立大学の学部を別大学に譲渡できるよう、法改正の検討を始めています。​

記事を読む