M&Aの進め方の記事一覧

【中小企業のM&A】M&Aの進め方(流れ・手順)

【中小企業のM&A】M&Aの進め方(流れ・手順)

M&Aは「会社(あるいは事業)を譲渡したい」「会社(あるいは事業)を買収したい」というニーズを持つところから始まります。ここでは中小企業のM&Aで一般的な仲介機関を利用する場合をご説明します。

記事を読む
【中小企業のM&A】買収後の引継ぎはどうする?

【中小企業のM&A】買収後の引継ぎはどうする?

中小企業のでは、社長の信用が会社の信用に直結していることが多いため、新しい社長が信用されて初めて会社として機能します。M&Aを行う際には、確実な引継ぎをすることが、売り手にとっては最後の仕事となり、買い手にとっては最初の仕事といえます。

記事を読む
【中小企業のM&A】従業員・取引先への説明はどうする?

【中小企業のM&A】従業員・取引先への説明はどうする?

中小企業のM&Aにおいて、M&Aを成功させるには従業員や取引先がそのまま引き継がれることが大前提となります。「会社が買収されました」と事務的な報告のみで社長が会社を去ったとある会社では、退職者が相次いだそうです。

記事を読む
【中小企業のM&A】M&Aの代金決済

【中小企業のM&A】M&Aの代金決済

代金決済は、買い手が譲渡代金を支払い、売り手が譲渡代金を受け取ります。この瞬間が、売り手オーナーにとってはM&A成立を最も実感できる時といえるかもしれません。中小企業のM&Aでは、両社の社長が仲良く記念撮影をすることもあります。

記事を読む
【契約書】最終契約書(Purchase Agreement)

【契約書】最終契約書(Purchase Agreement)

株式譲渡の場合は、「株式譲渡契約書」を。事業譲渡の場合は「事業譲渡契約書」を最終契約として締結します。これまで協議した内容と契約書面の内容に相違がないかをよく確認しましょう。

記事を読む
【契約書】基本合意書(Letter of Intent)の締結

【契約書】基本合意書(Letter of Intent)の締結

「基本合意書」とは「いつ、いくらで、どのような方法で譲渡するか」という骨子を定めた仮契約です。売り手・買い手双方の交渉段階で締結します。

記事を読む
【中小企業のM&A】ノンネームシート(一次情報)の開示

【中小企業のM&A】ノンネームシート(一次情報)の開示

交渉の初期段階では、情報漏えいには細心の注意を払いましょう。M&A仲介機関では匿名で「ノンネームシート」を作成し、関心度を確かめた上で、情報開示をします。開示の際には「秘密保持契約」を締結します。

記事を読む
【中小企業のM&A】トップ面談の進め方

【中小企業のM&A】トップ面談の進め方

売り手・買い手双方の経営者の初顔合わせを「トップ面談」といいます。トップ面談の感触がM&A成約の決め手といっても過言ではありません。

記事を読む
【経営者必見!】どうすれば「売れる会社」になるのか

【経営者必見!】どうすれば「売れる会社」になるのか

会社の売却を検討し始めたら、まずは買い手の見方を理解することから始めましょう。「売れる会社」になるための第一歩です。

記事を読む
企業評価の算定結果と実際の売買価額はなぜ違うのですか

企業評価の算定結果と実際の売買価額はなぜ違うのですか

証券取引所において日々取引される時価にもとづいて会社の価値が把握できる上場会社と異なり、非上場の中小企業の場合、「企業価値はどうやって算定するのだろう」と疑問に思われる経営者も多いのではないでしょうか。今回は中小企業の企業評価について取り上げてみたいと思います。

記事を読む