人事労務の記事一覧

知っているようで知らない「一時帰休」とは、JR東も初めて実施

知っているようで知らない「一時帰休」とは、JR東も初めて実施

コロナ禍による業績悪化で昨年来、産業界では希望退職者を募る動きが広がりを見せている。こうした人員削減策とは別に「一時帰休」で対応する企業も少なくない。ただ、一時帰休といっても、あまり耳慣れない。一体、どんなものなのだろうか?

記事を読む
ワタミ渡邉会長の長男がCFO就任、事業承継への布石か

ワタミ渡邉会長の長男がCFO就任、事業承継への布石か

ワタミの事業承継が着々と進んでいます。4月1日、長男の将也氏が取締役CFOに就任し、渡邉会長、清水社長に次ぐ第3のポジションを揺るぎないものとしました。脱ワタミへと転換した清水体制でしたが、渡邉会長の復帰で和民色が再び強くなりました。

記事を読む
【M&A相談所】従業員の雇用や給与を維持してもらうには?

【M&A相談所】従業員の雇用や給与を維持してもらうには?

事業承継でM&Aを考えていますが、会社を譲渡した後の従業員の処遇が心配です。雇用や給与を維持してもらうには、どのように対処すればよいでしょうか。

記事を読む
パンデミックに関連した労働関係訴訟・紛争の回避

パンデミックに関連した労働関係訴訟・紛争の回避

今回ご紹介するホワイトペーパーは、米国における新型コロナウィルスパンデミックに関連する雇用・労働関係訴訟リスクに関する論点を整理したものです。

記事を読む
【M&A判例】日本IBM会社分割事件の判例解説

【M&A判例】日本IBM会社分割事件の判例解説

かつて日本IBMがハードディスク事業を切り離し、他社へ転籍させられた労働者らが「労働者保護が不十分である」として転籍の効果を争った事件がありました(日本IBM会社分割事件)。ここでは最高裁まで争った判例を解説します。

記事を読む
​労働市場に新たなゲームルールを創り出す「リンクアンドモチベーション」の挑戦

​労働市場に新たなゲームルールを創り出す「リンクアンドモチベーション」の挑戦

リンクアンドモチベーションは「広告掲載量の多い企業に個人が集まるというこれまでのゲームルールを覆し、従業員エンゲージメント(企業と従業員の信頼関係)の高い企業に個人が集まるという、新たなゲームルールを労働市場に創り出す」と宣言する。

記事を読む
「労務DD用語」の要点 HRプラス社会保険労務士法人に聞く

「労務DD用語」の要点 HRプラス社会保険労務士法人に聞く

M&AやIPOの際、デューデリジェンス(DD)は欠かせない業務の1つ。特に最近では、労務面のDDの重要性も増してきた。そこで、HRプラス社会保険労務士法人代表社員・佐藤広一氏に労務DDで実務的に押さえておきたい用語を3つほど聞き、まとめた。

記事を読む
【M&Aと人事戦略】買収先海外子会社への派遣者の選任基準

【M&Aと人事戦略】買収先海外子会社への派遣者の選任基準

クロスボーダーM&Aの結果、獲得した海外子会社へ人を派遣して直接マネジメントすることも必要になる。開発途上国の海外子会社を直接管理下におくため経営トップや部門責任者などの経営幹部として社員を派遣する場合、派遣者の選任はどうあるべきなのか。

記事を読む
【M&Aと人事戦略】ポストM&Aの人事制度統合

【M&Aと人事戦略】ポストM&Aの人事制度統合

クロスボーダーM&Aでは、旧組織の枠を越えて自発的な情報共有や協力関係を目指さなければいけません。そのためには社員が同組織の一員という意識を持って共通の価値基準や行動規範を内在化させる必要があり、人事制度の総合的なアプローチが求められます。

記事を読む
【M&Aと人事戦略】新ビジョン・事業計画実行のための人事制度

【M&Aと人事戦略】新ビジョン・事業計画実行のための人事制度

M&A後は新しいビジョンや事業計画の実行に向けて、買収・被買収会社双方の社員が協力して活動できる環境をつくる必要がある。そのための方法の一つが人事制度の統合。社員の意識や行動をリセットし、優秀な人材を組織の枠を超えて活用するためにも必要だ。

記事を読む
【M&Aと人事戦略】買収後1~2年での人事制度による統合

【M&Aと人事戦略】買収後1~2年での人事制度による統合

クロスボーダーM&A後の人事戦略シリーズ第3回目は、人事制度を通じた買収先企業の統合について解説します。「相手企業の自立性を重んじる」との理由から、「経営への介入」を控えようとするケースもあるようです。それだと協働は思うように進みません。

記事を読む
【M&Aと人事戦略】買収先の社員意識調査を実施しよう

【M&Aと人事戦略】買収先の社員意識調査を実施しよう

日本企業が苦手とされるクロスボーダーM&A。しかし、経済のグローバル化に伴い、海外企業の買収は避けて通れません。M&Aにより傘下に入った海外子会社を、しっかりと自社の戦略に組み入れ、十分に活用することでM&Aの価値を実現する必要があります。

記事を読む
「M&Aはゴールではなく、スタート」-みらいコンサルティング

「M&Aはゴールではなく、スタート」-みらいコンサルティング

国内で年間2000件以上のM&Aが成立しているという。日本でもM&Aは「市民権」を得たといえる。しかしM&Aの成立は「ゴール」ではない。新たな企業経営の「スタート」なのだ。そこで、みらいコンサルティングで活躍する専門家4人に注意点を聞いた。

記事を読む
M&Aがあったら有給休暇の扱いはどうなる?|M&Aの労務(3)

M&Aがあったら有給休暇の扱いはどうなる?|M&Aの労務(3)

会社がM&Aを行った際に従業員の「有給休暇の扱い」はどうなるのでしょうか。大前提として、合併前の会社と従業員の間で結んでいた労働契約はそのまま引き継がれます。しかし、M&Aの手法により変わることもあるので注意が必要です。

記事を読む
人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

M&Aというと、買収価格等の条件面が注目されがちだが、「ヒト」の問題に関しても周到に準備しておかないと、労務トラブル等で思わぬコストが発生する、ということになりかねない。今回はM&Aを行う際の人事労務関係の留意点や制度統合などに関して、社会保険労務士法人三島事務所でM&Aに関する人事制度策定やコンサルを多数手掛けている林英臣マネージャーに伺った。

記事を読む