中小企業のニュース記事一覧

経産省、「中小企業活性化パッケージ」を策定

経産省、「中小企業活性化パッケージ」を策定

経済産業省は3月4日、金融庁、財務省と連携して「中小企業活性化パッケージ」を策定した。コロナ禍の資金繰り支援を継続しながら、中小企業の収益力改善・事業再生・再チャレンジを促す総合的な支援策を展開する。

記事を読む
M&A仲介協会、三宅代表理事が引責辞任  後任に荒井氏

M&A仲介協会、三宅代表理事が引責辞任 後任に荒井氏

M&A仲介業自主規制団体の「M&A仲介協会」(MAIA)は、3月1日付で三宅卓代表理事(日本M&Aセンターホールディングス社長)が辞任したと発表した。後任には荒井邦彦理事(ストライク社長)が就いた。

記事を読む
中小企業M&A実務に影響する「令和4年度税制改正大綱」

中小企業M&A実務に影響する「令和4年度税制改正大綱」

令和3年12月10日公表の令和4年度税制改正大綱(以下、大綱という)で、中小企業M&A実務へ影響しそうな「これは知っておくべき」点について、M&A税務に詳しい専門家が解説します。

記事を読む
事業承継時の経営者保証解除を促進 中小企業政策審議会

事業承継時の経営者保証解除を促進 中小企業政策審議会

中小企業庁は2月17日、中小企業政策審議会金融小委員会を設置した。ポストコロナに向けて事業承継時の経営者保証解除や中小企業のM&Aを促すエクイティ・ファイナンスの普及促進制度などを検討する。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、銀行で有利にM&Aを進める方法とは?②

元メガバンク行員が語る、銀行で有利にM&Aを進める方法とは?②

銀行にM&Aの相談を検討している経営者は多いはずだ。銀行に協力してもらうことによって、M&Aをスムーズに進めてもらえるケースもあるだろう。そこで今回は、積極的に銀行にM&Aの協力をしてもらうための方法について紹介をする。

記事を読む
中小企業庁、事業承継ガイドライン改訂へ

中小企業庁、事業承継ガイドライン改訂へ

中小企業庁は2022年1月20日、第2回事業承継ガイドライン改訂検討会を開催し、2022年3月頃に予定されている事業承継ガイドライン改訂に向けて、その検討方針と改訂案の暫定版を公表しました。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、銀行で有利にM&Aを進める方法とは?①

元メガバンク行員が語る、銀行で有利にM&Aを進める方法とは?①

M&Aを実行する際、銀行への相談を検討している経営者は多いだろう。なぜなら、取引銀行の場合、会社に関するあらゆる情報を銀行に提供しているからだ。

記事を読む
中小機構、再起動のベンチャー支援事業を開始

中小機構、再起動のベンチャー支援事業を開始

中小企業基盤整備機構は2月8日、資金繰りや事業内容を見直して新たな成長を目指すベンチャー企業向けに「ベンチャーリブート支援事業」を開始した。出口戦略が必要な場合は、円滑な事業承継などの進め方も提案する。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aの相談をするデメリットとは②

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aの相談をするデメリットとは②

今回は、前回に続いて銀行にM&Aの相談をするデメリットについて紹介する。まずは、銀行にM&Aの相談をするデメリットについて再度確認しておこう。

記事を読む
中小PMIガイドライン、記載方針が明らかに

中小PMIガイドライン、記載方針が明らかに

経済産業省・中小企業庁は2月1日、「事業承継ガイドライン改訂検討会」の下で活動する「中小PMIガイドライン(仮称)策定小委員会」の第4回会合を開いた。

記事を読む
事業承継ガイドライン、従業員承継も大幅追記

事業承継ガイドライン、従業員承継も大幅追記

中小企業庁は1月20日、「事業承継ガイドライン改訂検討会」の第2回会合を開き、改訂版は事業承継の現状と課題、後継者の立場も考慮した最新データなどを充実させる方向で検討した。

記事を読む
M&A支援機関登録制度、補助金の補正計上で再公募

M&A支援機関登録制度、補助金の補正計上で再公募

中小企業庁は1月21日、「M&A支援機関登録制度」の2021年度2次公募の申請受付を開始した。1次公募で登録された支援機関は2278件に上るが、国の2021年度補正予算に「事業承継・引継ぎ補助金」が計上されたため2次公募に踏み切った。

記事を読む
M&A税務(5)実務でよく利用される分割型分割後の株式譲渡

M&A税務(5)実務でよく利用される分割型分割後の株式譲渡

分割型分割後の株式譲渡とは、譲渡企業から非事業用資産を分割型分割により切離し、譲渡企業を譲渡するスキームで、平成29年度税制改正以降、太陽光事業、不動産事業、非事業用資産の承継など、実務的にも多く利用されています。

記事を読む
「対話と傾聴」で事業継承を支援する 角野然生中小企業庁長官

「対話と傾聴」で事業継承を支援する 角野然生中小企業庁長官

コロナ禍で経済環境は大きく変わった。それに加えて中小企業の後継者不足は、ますます深刻になっている。ポストコロナ時代を生き抜き、大量廃業を防ぐためにも、M&Aを含む事業承継は大きな課題だ。そこで角野然生中小企業庁長官に政府の支援策を聞いた。

記事を読む
元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

M&Aの相談を銀行にする際に、銀行と取引がある経営者であれば、よくお分かりだと思うが、メガバンクの場合は、支店ではなく法人営業部に行うのが一般的だ。では、「法人営業部」と「支店」はどう違うのか?

記事を読む
【M&A相談所】事前に譲渡後のセカンドライフを考えるべきか

【M&A相談所】事前に譲渡後のセカンドライフを考えるべきか

私はこれまで会社経営一筋で生きてきたため、会社を譲渡した後のセカンドライフについて考えたことがありません。M&A後の人生設計は、どのように考えればよいでしょうか?

記事を読む
中小PMI指針、中小企業のリソース少なく配慮も必要

中小PMI指針、中小企業のリソース少なく配慮も必要

経済産業省・中小企業庁は12月23日、「中小PMIガイドライン(仮称)策定小委員会」の第3回会合を開いた。中小M&A実施後の経営統合(PMI)に関する新たな指針について、結合・発展型PMIの実施体制などを論議した。

記事を読む
与党税制大綱が決定、早期の事業承継に「強く期待」

与党税制大綱が決定、早期の事業承継に「強く期待」

自民、公明両党は12月10日、2022年度の与党税制改正大綱を正式決定した。岸田内閣はスタートアップと既存企業の協働によるオープンイノベーション促進税制の拡充、法人版事業承継税制の特例承継計画の提出期限延長などを盛り込んだ。

記事を読む
中小企業の3割超が事業再編を視野に 東商アンケート

中小企業の3割超が事業再編を視野に 東商アンケート

東京商工会議所は11月26日、「中小企業の経営課題に関するアンケート」結果を公表した。向こう3~5年間の自社業界の市場規模について7割余りの企業が横ばいか縮小を見込む中、全体の3割超が事業再編のスキームを視野に入れていることが明らかになった

記事を読む
中小企業関係に3兆8694億円 補正予算案を閣議決定

中小企業関係に3兆8694億円 補正予算案を閣議決定

政府は11月26日の臨時閣議で、新たな経済対策などを盛り込んだ2021年度補正予算案を決定した。中小企業関係は3兆8694億円を計上し、事業再構築補助金の補助率引き上げや特別枠設定などに踏み切る。

記事を読む
「会社を”守る”M&A、”伸ばす”M&A」|編集部おすすめの1冊

「会社を”守る”M&A、”伸ばす”M&A」|編集部おすすめの1冊

2020年の企業倒産件数は前年比7.3%減の7773社。30年ぶりに8000件を下回った。「コロナ禍で経営環境は厳しかったのでは?」と思うかもしれない。これは国や自治体が手厚い資金繰り支援を実施したため、業績不振の企業も生き残れたからだ。

記事を読む
中小PMI指針で「維持型」の取り組み重視へ

中小PMI指針で「維持型」の取り組み重視へ

中小企業庁は11月22日、「中小PMIガイドライン(仮称)策定小委員会」の第2回会合を開き、小規模M&Aにおける事業の継続性を確保する「維持型PMI」の実施体制などを論議した。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

M&Aの検討をする際、多くの方は取引銀行に相談をしようと考えているのではないだろうか? 取引銀行には経営状況について細かく相談している場合が多く、財務諸表など様々な資料を出している。今回はM&Aの相談を銀行にするメリットについて説明する。

記事を読む
出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

フードデリバリーサービスの出前館は11月12日、資本金を約550億円減少し1億円に減資すると発表した。資本金の額のみ減少し、減少分をその他資本剰余金に振り替える。

記事を読む
中小企業庁、中小M&A実施後の経営統合に関する指針策定へ

中小企業庁、中小M&A実施後の経営統合に関する指針策定へ

中小企業庁は、2021年10月5日、既存の事業承継ガイドライン改訂検討会の下に新設した「中小PMIガイドライン(仮称)策定小委員会」の第1回会合を開催しました。

記事を読む