フードデリバリーのニュース記事一覧

大赤字が続く出前館、赤字額よりも流通総額鈍化の方が深刻か

大赤字が続く出前館、赤字額よりも流通総額鈍化の方が深刻か

出前館が2022年8月期第3四半期に295億3,600万円の純損失(前年同期間は154億6,200万円の純損失)を出しました。配送コストや宣伝費で大赤字が続く出前館ですが、流通取引総額の成長スピードが落ちています。会社にとってはこちらの方が深刻かもしれません。

記事を読む
ゴーストレストランを一気に5倍に「出前館」赤字拡大に歯止めはかかるのか

ゴーストレストランを一気に5倍に「出前館」赤字拡大に歯止めはかかるのか

フードデリバリーサービス「出前館」を運営する出前館は、デリバリー専用業態のゴーストレストラン事業「DeKitchens」(ディーキッチンズ)の本格展開に乗り出した。

記事を読む
大赤字が続く出前館は配達員の報酬を引き下げるのか?

大赤字が続く出前館は配達員の報酬を引き下げるのか?

出前館の2022年8月期第2四半期は224億2,200万円の営業損失となりました。前年同期間は85億4,300万円の営業赤字で、100億円以上赤字幅が拡大したことになります。出前館は50%近いシェアを獲得しており、黒字化を目指す次のステージが見えてきました。

記事を読む
「駅の改札」「15分宅配」フードデリバリーの新スタイル続々と 

「駅の改札」「15分宅配」フードデリバリーの新スタイル続々と 

1日の新規感染者数が10万人を超えるなど、新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、フードデリバリーの新しいスタイルが次々と登場している。

記事を読む
出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

フードデリバリーサービスの出前館は11月12日、資本金を約550億円減少し1億円に減資すると発表した。資本金の額のみ減少し、減少分をその他資本剰余金に振り替える。

記事を読む
配達員の手数料が重くのしかかる「出前館」先行投資で赤字拡大

配達員の手数料が重くのしかかる「出前館」先行投資で赤字拡大

出前館の2021年8月期第3四半期売上高は前期比171.0%増の184億9,300万円となったものの、129億円もの営業損失を計上し、純損失は147億円となりました。同社は配達員のインセンティブを高めに設定しており、先行投資ともいえる戦略で赤字が膨らんでいます。

記事を読む
auがフードデリバリ-で4000円クーポンをプレゼント「menu」との資本提携で

auがフードデリバリ-で4000円クーポンをプレゼント「menu」との資本提携で

携帯電話auを展開するKDDIは6月1日に、フードデリバリー事業を展開するmenu(東京都新宿区)と資本業務提携契約を結び、menu株式の一部を取得し、持ち分法適用関連会社にした。

記事を読む
倒産寸前といわれた小僧寿しがコロナで下期売上112%の大躍進

倒産寸前といわれた小僧寿しがコロナで下期売上112%の大躍進

のれんの大幅減損による債務超過で、倒産寸前とまでいわれていた小僧寿しが債務超過を解消して上場廃止猶予期間から脱しました。さらに、コロナ禍で大躍進を遂げています。下期の売上高は前年比112.1%。買収したデリズも107.3%と健闘しています。

記事を読む
法人向けフードデリバリーの「スターフェスティバル」がM&Aで急成長

法人向けフードデリバリーの「スターフェスティバル」がM&Aで急成長

スターフェスティバルが2020年1月に、ぐるなびから法人顧客に会議用弁当などを手配するフードデリバリー事業を譲り受ける。両社の事業を合わせると年間の取扱高は100億円を超えるという。

記事を読む
小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

小僧寿しが10億5700万円の債務超過に陥りました。上場廃止猶予期間に突入し、今年中に債務超過状態を解消できなければ上場廃止に。債務超過のデリズを2億8000万円相当の株式交換で買収。それが仇となりました。

記事を読む
アリババ集団傘下の出前アプリ「餓了麼(ウーラマ)」が「百度外売」を買収

アリババ集団傘下の出前アプリ「餓了麼(ウーラマ)」が「百度外売」を買収

今年8月、アリババ・グループ傘下の出前アプリ「餓了麼(ウーラマ)」が同業の「百度外売」を買収した。中国では日本以上にデリバリー文化が深く根付いており、2017年第3四半期の取引規模は582.7億人民元(約9,985億円)と毎年成長を続けている。今回の買収で業界のトップシェアを盤石にしたい模様だ。

記事を読む