3月恒例の新型iPadシリーズ発表-2021年は「買い」推奨

alt

新型iPad miniは低価格の高性能モデルに

次に可能性が高いのが「iPad mini」だ。過去に何度もモデル廃止の噂が流れたが、6世代目のモデルとなる。現行iPad miniは2019年3月に発売され、今年がモデルチェンジイヤー。新型iPad miniも、間違いなく「買い」と見ていい。

新型iPad miniは本体サイズはそのままに、ベゼル(枠)を狭くしてスクリーンサイズを現行の7.9インチから8.5〜9インチへ大型化する。CPUも現行の「A12 Bionic」から現行iPad Airと同じ最新のA14 Bionicと、2世代進化する。

新「iPad mini 」はスクリーンが拡大し、「iPad Air=写真」とそっくりに(同社ホームページより)

ベゼルが狭くなるため、「Touch ID」の指紋センサーは現行iPad Airと同じ本体上部のトップボタンに内蔵されることになるだろう。iPad miniはiPad Airの小型版という位置づけなので、フロント(前面)カメラを使った「Face ID」の採用は見送られる可能性が高い。

充電などの外部インターフェースも現行iPad Air同様に汎用規格の「USB-C」が採用されることになりそうだが、コンパクトな端末だけに、より小型の独自規格「Lightning」が残るかもしれない。USB-Cに変更されればMacBookシリーズと同規格になり、Lightningのままなら既存のアクセサリーを流用できる。どちらが良いかはユーザーの環境次第だろう。

通信規格も5Gが採用される可能性もあり、大幅な機能アップは間違いない。それでいて価格はiPad Airよりも安価な位置づけなので、4万円台半ばからとなりそう。「iPad Proは高くて手が出ない」というユーザーも気軽に購入できる高性能タブレットだ。

ただ、新型iPad miniの発売は今年後半にずれこむとの観測も出ている。

文:M&A Online編集部

    M&A Online編集部

    M&Aをもっと身近に。

    これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


    NEXT STORY

    iPhone「12 mini」の失敗で「SE3」登場が確実に

    iPhone「12 mini」の失敗で「SE3」登場が確実に

    2021/02/19

    小型の「iPhoneSE」の第1世代、第2世代が相次いでヒットしたため、「3匹目のどじょう」を狙って投入したアップルの小型モデル「iPhone 12 mini」の販売が振るわない。この「失速」で、SEの第3世代が登場する可能性が高まった。