ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

飲食店を一気通貫スタイルでサポートするVIDA Corporation

alt
VIDA Corporation杉本大社長

自分の気に入った店舗が作りたかった

杉本社長

 杉本社長は1998年に神奈川大学経営学部国際経営学科卒業後、オートバックスセブンに入社。ここで1歳年上の先輩にいつも起業の夢を語っていたところ、回りから早く会社を作るよう促され、2005年にVIDA Corporationの設立を決意した。店舗の設計や施工を手がけるようになったのは「酒が好きで、自分の気に入った店を作りたかったから」だとか。現在、内装事業の対象は飲食店だけでなく、物販店や医療施設、ショールーム、展示会、オフィスなどにも広がっている。



文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

東京商工リサーチ「倒産月報」に見る 企業を取り巻く環境の変化(後編)

東京商工リサーチ「倒産月報」に見る 企業を取り巻く環境の変化(後編)

2016/05/30

調査会社の東京商工リサーチは2016年4月、全国の支社店がまとめた地区ごとの倒産集計を取りまとめて分析した「2015年度(15年4月-16年3月)全国企業倒産状況」を発表した。同社、情報本部情報部課長の増田和史氏に企業を取り巻く環境の変化について解説してもらった。