ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<6>

alt
セールスの真髄は需要と供給

「このペンを売れ」とジョーダンからペンを差し出されたドラッグの売人ブラッド。普通ならばそのペンのセールスポイントをアピールするのだろうが、「そのナプキンに名前を書け」とジョーダンに言い放つ。しかし、ジョーダンはペンを持ち合わせていない。すると「需要と供給だ」とブラッド。ジョーダンはブラッドのペンを買うしかないのだ。必要性を作り、買わなければならないと相手に思わせる。需要と供給をマッチさせることがセールス術の基本の一つであると改めて気づかされるワンシーンだ。

ハチャメチャだけど、ほぼ実話

巧みな話術でウォール街のカリスマへと成り上がっていくジョーダン。金、女、セックス、ドラックと、欲と快楽にまみれた人生は、真実とはいいがたいほどだ。かなり誇張して脚色されているのかと思いきや、ほぼ事実だというからすごい。妻の名前をつけた豪華クルーザーを無理やり出航させて沈没したのも、難破で命の危険にさらされながらもドラッグを取りに行かせたのも真実。1万ドルと引き換えに女性社員の頭を丸刈りにしたのも真実。他にもハチャメチャな真実があるので、回想録やインタビュー動画などと照らし合わせてみるのも面白い。ちなみに、映画の最後、講演会らしきシーンでジョーダン・ベルフォート本人がカメオ出演している。自分のことを自ら「最高の悪党」と紹介するブラックユーモアたっぷりのシーンも見ものだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「マネーモンスター」(2016年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<5>

「マネーモンスター」(2016年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<5>

2017/06/03

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回はジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツの豪華スターの共演が話題となった「マネーモンスター」。米国で加速するコンピューターによる株取引、広がる格差社会を描く。