手法解説記事

M&Aの記事一覧

【日本たばこ産業】クロスボーダーかつ大型が特徴のM&A

【日本たばこ産業】クロスボーダーかつ大型が特徴のM&A

旧・日本専売公社から1985年に事業を承継した日本たばこ産業(JT)は、国内では圧倒的なシェアを誇っていたが、海外には競争力のあるブランドがひしめき、自律的に成長するには限界があった。そこでJTが取った戦略とは。

記事を読む
【グリー】非ゲーム事業でM&Aも、巻き返しなるか

【グリー】非ゲーム事業でM&Aも、巻き返しなるか

グリーは、売り上げの大幅増加で得た多額の資金を元手に2011年6月期、2012年6月期に頻繁にM&Aを行っている。同社が行うM&Aは先行投資的なケースが多い。そのM&Aの手法とは?

記事を読む
【企業力分析 】大塚家具 数字から真因を読む

【企業力分析 】大塚家具 数字から真因を読む

父娘で経営権を争い、娘の勝利となった大塚家具。マスコミ露出も多く、論理性の高さで久美子社長に期待した方も多かったようだ。2006年から2014年12月期までの9年を専門家が分析。

記事を読む
【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第3回)

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第3回)

M&Aでは企業価値評価が鍵になるが、日本企業の大多数を占める中小企業の評価はどのようにするのか。企業再生やM&A案件で豊富な経験を持つ、髙野総合会計事務所の小宮孝之氏に聞いた。​(最終回)

記事を読む
【LIXILグループ】海外M&Aに翻弄されながらもM&Aで1兆円企業へ

【LIXILグループ】海外M&Aに翻弄されながらもM&Aで1兆円企業へ

トステムとINAXの統合、その後の子会社5社の合併を経てLIXILグループとなった。約14年で売り上げを2倍強にするには、M&Aを行わずには達成できなかったのではないか。その軌跡を辿る。

記事を読む
【企業力分析 】マクドナルド 数字で検証 危機感と経営計画の妥当性

【企業力分析 】マクドナルド 数字で検証 危機感と経営計画の妥当性

2015年の異物混入問題で厳しい経営状況と言われている日本マクドナルドホールディングス、2005~2014年12月期までの10年間を専門家が経営分析した。

記事を読む
【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第2回)

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第2回)

M&Aでは企業価値評価が鍵になるが、日本企業の大多数を占める中小企業の評価はどのようにするのか。幅広い知見を持つ髙野総合会計事務所のシニアパートナーで公認会計士・税理士の小宮孝之氏に聞いた。

記事を読む
【企業力分析 】ロック・フィールド 絶対生き残る!

【企業力分析 】ロック・フィールド 絶対生き残る!

「RF1」や「神戸コロッケ」ロック・フィールド。市場規模が伸びている中食業界の雄はどのような経営状況だろうか。 専門家が分析する。

記事を読む
【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

2015年10月2日、ワタミは「ワタミの介護」の売却を決めた。譲渡先は損保ジャパン日本興亜ホールディングス。ワタミのこれまでのM&A戦略を振り返る。

記事を読む
【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

ゼンショーホールディングスは、弁当店が始まりである。M&Aは、ファミリーレストランのココスジャパンの買収から始まった。そのM&Aの軌跡とは?

記事を読む
【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第1回)

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第1回)

M&Aでは企業価値評価が鍵になるが、日本企業の大多数を占める中小企業の評価はどのようにするのか。幅広い知見を持つ髙野総合会計事務所のシニアパートナーで公認会計士・税理士の小宮孝之氏に聞いた。

記事を読む
【企業力分析 】シャープ 2013年に逃した1514億円

【企業力分析 】シャープ 2013年に逃した1514億円

2015年5月9日、再建中のシャープは、資本金を1億円に減資する計画を発表し、その後、5億円に変更した。2006年から2015年3月期までの連結財務諸表、10年間(2015年は決算短信)を専門家が分析した。

記事を読む
【企業力分析】健康コーポレーション 分析結果にコミットか?!ライザップ

【企業力分析】健康コーポレーション 分析結果にコミットか?!ライザップ

「結果にコミットする。」という宣伝は、ダイエットに悩む人の心を捕らえた健康コーポレーション。2009年から2015年3月期までの連結財務諸表、7年間を専門家が分析した。

記事を読む
【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

エア・ウォーターは、近年、祖業以外の農業・食品関連事業へ本格参入へ。これまでのM&Aの道のりを辿る。

記事を読む
【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第3回)

【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第3回)

短期集中連載開始! M&Aのプレーヤーをうまく使うには? 多数の大型案件に関わり、M&Aアドバイスで豊富な実績を持つ佐藤総合法律事務所代表である佐藤明夫弁護士が語る。

記事を読む
相続に関するオーナー経営者の3つの勘違い

相続に関するオーナー経営者の3つの勘違い

なぜ、相続において親族間でトラブルが発生しやすいのか? 最大の要因は、「財産にはさまざまな種類がある」という点にある。専門家が解説する。

記事を読む
【イベントレポート】「M&Aによる失敗しない事業承継セミナー」

【イベントレポート】「M&Aによる失敗しない事業承継セミナー」

2015年10月20日火曜日、ホテル椿山荘東京にて、ダイヤモンド社主催「M&Aによる失敗しない事業承継セミナー」が開催された。その様子をお伝えする。

記事を読む
【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第2回)

【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第2回)

短期集中連載開始! シナジーについて当事者が深く考えていない。多数の大型案件に関わり、M&Aアドバイスで豊富な実績を持つ佐藤総合法律事務所代表である佐藤明夫弁護士が語る。

記事を読む
【企業力分析】ニッセンホールディングス 役員会無機能化の本質

【企業力分析】ニッセンホールディングス 役員会無機能化の本質

ニッセンホールディングスは、2015年12月の決算では特別損失約57億円を計上予定だ。06年から14年12月期までと15年6月期(第2四半期)を専門家が分析した。

記事を読む
【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第1回)

【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第1回)

短期集中連載開始! 第1回は「PMIができないならばM&Aをすべきではない」。多数の大型案件に関わり、M&Aアドバイスで豊富な実績を持つ佐藤総合法律事務所代表である佐藤明夫弁護士が語る。

記事を読む
【企業力分析】東芝 小さな粉飾・大きな騒動

【企業力分析】東芝 小さな粉飾・大きな騒動

東芝は、2015年3月期の決算発表が延期、15年9月7日に発表されるという事態になり、財務諸表は過去にさかのぼり訂正された。不適切会計で揺れる東芝を分析する。

記事を読む
【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

2015年で創業27年を迎えるSBSホールディングス。03年にM&Aに乗り出して以来、相次ぐM&Aで売上高は5年で8倍の1470億円を達成。業界上位5社入りを目標とするM&A戦略をたどる。

記事を読む
事業承継型M&Aという選択

事業承継型M&Aという選択

全体の半数以上の経営者が後継者問題に悩んでいる現在、後継者を育てるのは難しい。そんな中、後継者問題の選択肢として事業承継型M&Aがある。専門家に話を聞いた。

記事を読む
【質問】M&Aにはどのような人が関わるのでしょうか。またそれぞれの役目を教えてください。

【質問】M&Aにはどのような人が関わるのでしょうか。またそれぞれの役目を教えてください。

当事者以外も多くの関係者が関わり、さまざまな立場を調整しながら取り組むM&Aのプレーヤー達とは?

記事を読む
【質問】M&Aは何の略ですか?

【質問】M&Aは何の略ですか?

「M&Aとは?」入社試験で出るかも? グローバルなビジネスを動かすM&Aを分かりやすく解説。

記事を読む