M&Aアドバイザーの記事一覧

【2020年版】詳しく解説!M&Aマッチングサイトとは

【2020年版】詳しく解説!M&Aマッチングサイトとは

M&Aマッチングサイトビジネスが盛況です。サイトの比較は他に譲るとして、M&A仲介ビジネスの歴史を解説しながらマッチングサイトの今を書いてみました。

記事を読む
M&Aの目的の重要性とそのメリット・デメリット

M&Aの目的の重要性とそのメリット・デメリット

M&Aのスタートである目的の設定から最終プロセスの事業統合(PMI)における、注意点、押さえておくべき重要ポイントなどを中心に、最新のトピックスにも触れながら見ていきたいと思います。

記事を読む
M&Aアドバイザー選びの基準

M&Aアドバイザー選びの基準

M&Aを行う場合、M&Aアドバイザーなどの事業者に依頼することになりますが、ひと口にM&A事業者といっても、様々な事業者があります。M&Aアドバイザーなど事業者を選ぶ際の基準、ポイントについて解説していきます。

記事を読む
中小企業におけるM&Aでの「トップ面談」と交渉

中小企業におけるM&Aでの「トップ面談」と交渉

M&Aの交渉といえば、売手側と買手側企業による激しい攻防を連想することも多いでしょう。しかし、中小企業のM&Aではそのような交渉はほとんど見られません。互いにwin-winの関係となるようなM&Aを目指すことが多いからです。

記事を読む
M&Aにおける「買手企業探し」はどのように進むのか

M&Aにおける「買手企業探し」はどのように進むのか

M&Aを行うためには、M&Aアドバイザーとの契約が必要です。契約締結後、M&Aアドバイザーは、どのように買手候補探しを始め、どのようなプロセスを進めていくのか、今回はこの点を見ていくことにします。

記事を読む
 「M&Aアドバイザー」との相談と契約で注意すること

「M&Aアドバイザー」との相談と契約で注意すること

中小企業などでM&Aを行う場合、M&Aアドバイザーなどの仲介会社に依頼する必要があります。そこで、M&Aアドバイザーとの相談や契約時に注意するポイントなどについて解説します。

記事を読む
【中小企業のM&A】どうやって百戦錬磨の社長の「本音」を引き出す?

【中小企業のM&A】どうやって百戦錬磨の社長の「本音」を引き出す?

「どうやってお客さんの本音(真意)を引き出すのですか?」 金融機関向けセミナーや勉強会を開いた時に、しばしば聞かれる。答えは簡単。徹底的に聞き役に徹すること。それ以外にない。こちらが話したいことがあっても黙って聞く。我慢、我慢である。

記事を読む
【中小企業のM&A】そば店、温泉宿、立体駐車場関連…成約事例からポイントを学ぶ

【中小企業のM&A】そば店、温泉宿、立体駐車場関連…成約事例からポイントを学ぶ

非上場会社同士のM&Aの場合、情報開示に対するアレルギーが特に強く、成約案件がオープンにされるケースはまれなのかもしれない。今年お手伝いした事例について、そば店、温泉宿などいくつかのケースを取り上げてみたい。

記事を読む
【シティグループ】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<10>

【シティグループ】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<10>

外資系金融機関を知るシリーズの第10回は米シティグループ。伝統的な商業銀行業務を基本としながら、M&A仲介や株・債券による資金調達などの投資銀行業務でも指折りのプレーヤーです。日本では以前、個人向け業務で一世を風靡していたこともあります。

記事を読む
「M&Aアドバイザー」企業買収と事業承継の舞台裏

「M&Aアドバイザー」企業買収と事業承継の舞台裏

M&Aアドバイザー(仲介業)とはどのような仕事なのか?この本を読めばおおよその内容がつかめる。これからM&Aアドバイザーを目指す人には大いに参考になる。もちろん企業経営者が読めば、M&Aを実施する際に失敗を回避できる可能性が高まる。

記事を読む
「ロングリスト」M&Aの成否にかかわる重要な資料 日本電産は価格、PMI、シナジーの3つを重視

「ロングリスト」M&Aの成否にかかわる重要な資料 日本電産は価格、PMI、シナジーの3つを重視

M&Aにおけるロングリストとは、買収の対象となる売り手企業のリストや、売却の対象となる買い手企業のリストを指す。買収や売却を検討している企業のM&A方針に沿って作成する。方針を明確にすることが重要。

記事を読む
「事業承継アドバイザー講座」をM&A Onlineの記者が受講 オール100点とはならず。

「事業承継アドバイザー講座」をM&A Onlineの記者が受講 オール100点とはならず。

M&A Onlineの記者が事業承継アドバイザー講座を受講してみた。3回のテストはオール100点が当たり前なのだが、なんと2回目のテストは96点。記者が陥ってしまった油断とは。

記事を読む