【2020年版】詳しく解説!M&Aマッチングサイトとは

alt

これだけあるよ!M&Aマッチングサイト(2018年)が好評でしたので、2020年版に更新しました。M&Aマッチングビジネスは日本テレビ系の深夜番組「マツコ会議」でも取り上げられるほど注目度が高い分野ですので、今後も定期的にアップデートしていきたいと思います。

手数料比較など単にM&Aマッチングサイトを紹介するだけでは、他のアフィリエイト記事と違いが出ませんので、別の視点で書いてみます。

M&A仲介ビジネスとは

まずは、M&A仲介業って何?というところから始めます。

中小企業のM&A仲介業は、文字通り「売り手と買い手をつなぐ」仕事です。仲介役のアドバイザーが売り手あるいは買い手から相談を受け、相手を探し、成約に至ったら成功報酬をいただくというビジネスモデルです。

大企業のM&Aでは売り手と買い手双方にそれぞれ代理人がつきバチバチやる一方で、中小企業のM&Aはどちらかというとなごやかムードで契約が進みます(そうでないケースも間々ありますが)。

かつては豊富な人脈を生かして相手を探す能力が最も問われる仕事でした。というのも評価は会計士に、契約は弁護士に、と依頼する分業体制をとることが多かったからです。

しかしこの20年間でM&A市場は急成長しました。M&A仲介会社は受注前の企業評価から始まり契約まで「一気通貫」が当たり前になり、M&A後のPMIまで行うところもあるようです。業界が成熟するにつれ、双方代理を問題視する動きもあります。

M&Aの普及とともに、売り手や買い手もM&Aについて詳しくなりました。当然ながらアドバイザーも実務の知識はもちろんのこと、法改正や税制改正、国の施策など常に情報のキャッチアップが必要です。こうした業務知識に精通していることもアドバイザーとして最低条件となりました。

M&A仲介会社の給料が高いと話題になりますが、それだけ高度な人材が求められているという訳なのです。しかし、人件費が高いと当然手数料(成功報酬)も高くなってしまいます。

そうすると、手数料が高いがためにM&Aに二の足を踏む経営者も出てしまいます。そこに目をつけたのがM&Aサービスを低コストで提供しようと考える人たちです。

ネックである人件費を極力省き、マッチングサイトでM&Aを成約させようという動きが出始めました。マッチングサイトはそれ自体が仲介機能を持っているため、大幅なコストカットが期待できます(100%自動化できないところがこのビジネスの面白いところでもありますが)。

AI(人工知能)技術の進歩などで、特定の業種・業界ではマッチングを自動化するのが当たり前という時代がすぐそこまで来ています。

NEXT STORY

コロナ禍で大幅に縮小 2020年の外食・フードサービス業界のM&A 

コロナ禍で大幅に縮小 2020年の外食・フードサービス業界のM&A 

2020/12/24

新型コロナウイルス感染症拡大によって、2020年の外食・フードサービス業界は大打撃を受けた。4月の緊急事態宣言をはじめ、その後の第2波、第3波のたびに外出の自粛や営業時間の短縮などが求められたことから、赤字に転落する企業が続出した。