出版・印刷・広告の記事一覧

東スポだけじゃない!人員削減が相次ぐ新聞を「救う」のは誰か 

東スポだけじゃない!人員削減が相次ぐ新聞を「救う」のは誰か 

東京スポーツ新聞社が100人規模の早期希望退職を募ることが明らかになった。約350人いる社員のうち3分の1近くを削減する。だが厳しいのは同社だけではない。「活字離れ」や「ネットニュースの台頭」で、多くの新聞社がリストラを余儀なくされている。

記事を読む
原作を読んだ人こそ裏切られる、大泉洋主演『騙し絵の牙』

原作を読んだ人こそ裏切られる、大泉洋主演『騙し絵の牙』

塩田武士が大泉洋を主役に当て書きして書き上げた小説『騙し絵の牙』が映画化され、極上のエンターテインメント作品に仕上がりました。大手老舗出版社を舞台に、今までのイメージを覆す大泉洋の演技が楽しめます。小説と異なる展開にも注目です。

記事を読む
枻出版社が民事再生「ランドネ」「ハワイスタイル」などを発刊

枻出版社が民事再生「ランドネ」「ハワイスタイル」などを発刊

「ランドネ」「ハワイスタイル」などを発刊していた枻(えい)出版社が2月9日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全監督命令を受けた。負債総額は債権者712名に対して約58億円。

記事を読む
旅行ガイド「まっぷる」の昭文社HDが赤字拡大 コロナの影響で

旅行ガイド「まっぷる」の昭文社HDが赤字拡大 コロナの影響で

旅行ガイドマップ「まっぷる」や地図を発刊している昭文社ホールディングスが2月5日、2020年4-12月(連結)の純利益が8億700万円の赤字だったと発表した。また、新型コロナの影響で発売を延期していた新規の海外旅行ガイド本も廃棄する。

記事を読む
書店チェーンのフタバ図書が事業再生ADR 新会社へ事業譲渡

書店チェーンのフタバ図書が事業再生ADR 新会社へ事業譲渡

広島県内を中心に関東圏にも店舗を展開する大手書店のフタバ図書が、ファンドなどが出資する新会社に3月1日付で事業譲渡すると発表した。事業再生ADR手続きを活用する。

記事を読む
書店大手の文教堂、再生計画から1年|新型コロナ重なり、窮地が続く

書店大手の文教堂、再生計画から1年|新型コロナ重なり、窮地が続く

書店大手の文教堂グループホールディングスが上場廃止の猶予期間だった8月末を迎える。銀行団による債務の株式化などで債務超過を解消し、上場廃止の危機をひとまず乗り越えたが、出版不況に新型コロナが重なり、同社の先行きはいぜん視界不良のままだ。

記事を読む
老舗経済誌「商業界」が破産開始決定 従業員は解雇

老舗経済誌「商業界」が破産開始決定 従業員は解雇

老舗経済誌「商業界」や「販売革新」などの月刊誌を刊行していた商業界が4月2日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約8億8000万円。​

記事を読む
光村印刷、昨年10月傘下入りの「新村印刷」で希望退職者を募集

光村印刷、昨年10月傘下入りの「新村印刷」で希望退職者を募集

光村印刷は、昨年10月に買収して連結子会社化した新村印刷で30人程度の希望退職者を募集すると発表した。新村印刷の全従業員の約2割を削減する。新村印刷は昨年5月に本社不動産を売却するなどリストラに取り組んでおり、今回の人員削減もこの一環。

記事を読む