ヘッジファンドの記事一覧

銀行内の権力闘争を描く『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男 』

銀行内の権力闘争を描く『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男 』

仏映画『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』は、社会派の巨匠コスタ=ガヴラス監督が描いた経済サスペンス。主人公マルクは日本の銀行を買収しようと画策するが、それヘッジファンドのオーナー・ディトマーが仕掛けた巧妙な罠だった。

記事を読む
ソフトバンク、ワイヤーカード破綻でも「痛くも痒くもない」理由

ソフトバンク、ワイヤーカード破綻でも「痛くも痒くもない」理由

決済サービスの独ワイヤーカーがミュンヘン地方裁判所に破産申請して経営破綻した。ワイヤーカードといえば、2019年4月にソフトバンクグループが同社の転換社債に約9億ユーロ(約1100億円)を投資することで合意するなど関係が深いことで知られる。

記事を読む
マスク需要急増の川本産業株を早くも「売り抜けた」シンプレクス

マスク需要急増の川本産業株を早くも「売り抜けた」シンプレクス

独立系ヘッジファンドのシンプレクス・アセット・マネジメントが2月7日、衛生材料国内大手の川本産業株の保有割合を7.08%から6.24ポイント引き下げ、0.84%となった​ことを大量保有報告書で明らかにした。株価のピークで見事に売り抜けた。

記事を読む
ヘッジファンドの仕組みと市場を動かす可能性

ヘッジファンドの仕組みと市場を動かす可能性

かつてほどの勢いがないとはいえ、ヘッジファンドの運用残高は約350兆円。依然として世界の金融市場に大きなインパクトを及ぼしている。今回はヘッジファンドの仕組みとその影響について解説していこう。

記事を読む
ヘッジファンドの語源は?|金融・経済の英単語

ヘッジファンドの語源は?|金融・経済の英単語

ヘッジファンドの「hedge」は、「生垣」を意味する古英語の「hegge」が由来で、「塀」「境界」「障壁」といった意味から、金融界では「両賭けすること」「金銭的損失に対する防御」を意味するようになりました。

記事を読む
本格派国際金融小説「国家とハイエナ」|編集部おすすめの1冊

本格派国際金融小説「国家とハイエナ」|編集部おすすめの1冊

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回は、黒木亮による本格派国際金融小説「国家とハイエナ」を取り上げる。

記事を読む