ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「まぼろしの西板線」東武鉄道と東上鉄道の合併

alt

震災復興の妨げになると頓挫した西板線

 昨年の11月、埼玉県八潮市の市立資料館を訪れる機会があった。たまたま交通史の展示がなされており、東武日光線開業記念(1929年10月)の風呂敷が展示されていた。風呂敷には東武鉄道の路線図が描かれており、よくみると東上線の上板橋と伊勢崎線の西新井駅を結ぶ西板線が計画線として記載されていた。

1931年12月に開業した大師線(西新井~大師前間1.1㎞。現在は1㎞に短縮)

 西板線は、伊勢崎線の西新井駅から、環七通り沿いに大師前、鹿浜、神谷、板橋上宿の各駅を経て東上線の上板橋駅にいたる全線11.6㎞の路線で、東武鉄道は1922年11月の株主総会で同線の免許申請を決議した。根津は、東武、東上両鉄道を合併したのち、東上線と伊勢崎線をつなぐ環状線の敷設を構想していたのである。この西板線の完成によって、根津の東武、東上両鉄道の合併の意図は実現されるはずであった。

 しかし、その後1923年9月に関東大震災が起こると、事態は180度変わった。西板線の建設は震災復興計画と抵触するなどして頓挫してしまったのだ。1924年5月に免許状の交付を受けたが、結局、西板線は全線開業にはいたらなかった。1931年12月に西新井~大師前間1.1㎞(現在は1㎞に短縮)が開業したものの、大師前駅以遠はまぼろしの路線となったのである。

文:老川 慶喜(跡見学園女子大学教授・立教大学名誉教授)

老川 慶喜 (おいかわ・よしのぶ)

跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授。 1950年、埼玉県生まれ。

立教大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。経済学博士。専門は交通史、鉄道史。 現在、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授、立教大学名誉教授。1983年、鉄道史学会設立に参加、理事・評議員・会長などを歴任。

近著に、『鉄道と観光の近現代史』 (河出ブックス)、『日本の企業家 5 小林一三 都市型第三次産業の先駆的創造者』 (PHP経営叢書)、『日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 - 日露戦争後から敗戦まで』 (中公新書)など


NEXT STORY

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<1>

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<1>

2017/04/14

街中や旅先で何気なく目にしているホテル。実は意外な会社が経営しているなんてこともあるんです。栃木県日光市の老舗ホテル、金谷ホテルもその一つ。日光の魅力創出に本格的に乗り出した東武鉄道が傘下に収めています。