24人の死者を出した大阪繁華街ビル火災、同じ事態になったら?

alt

逃げるのは横か下、タオルやハンカチは濡らさない

意識を失う瞬間までは身体機能もほぼ完全だったはずで、まさか数歩上がったところで倒れるとは本人たちも想像がつかなかっただろう。これが一酸化炭素中毒の恐ろしさだ。

火災が発生すると、一酸化炭素を含む煙は毎秒3~5mの速度で垂直に上昇する。人間の足で階段を駆け上がっても逃げ切れない。さらに天井に達した煙は秒速0.5~1mの速度で横方向に広がり、徐々に低い場所へ下がっていく。つまり上層階へ逃げるのは、一酸化炭素の濃度が高い所へ飛び込むのと同じ行為なのだ。

火災が起きた場合は、横方向か下へ逃げるのが正解だ。避難する際には立ち上がって走るよりも、ゆっくりでも姿勢を低くして移動した方が一酸化炭素中毒のリスクは軽減する。逃げ遅れた場合も、できるだけ姿勢を低くしておくことが生還につながる。

家具や壁などのすきま、壁や家具などと床との間の隅、階段の隅に空気層が残っている可能性があるので、呼吸をする時はそうした場所を選ぶ。タオルやハンカチを鼻と口に当て、一瞬たりとも外さずに避難するのも重要だ。

タオルやハンカチで鼻と口を覆っても一酸化炭素や有毒ガスを防ぐ効果はないが、咳などの原因となる白煙などの刺激性物質の吸入は抑えられる。白煙を吸い込んで咳き込むと呼吸が苦しくなって、より大量の白煙や一酸化炭素などを吸い込んでしまう。それを防ぐだけでも生還率は高まる。

「水に濡らしたタオルやハンカチを口に当てると良い」とも言われるが、消防庁消防研究センターの実験によると、乾燥していても水に濡らしていても白煙の吸入を防ぐ効果は同じ。むしろ濡らすことで通気抵抗が高まり、息苦しくなるため、避難には逆効果だという。タオルやハンカチは乾いたままで鼻と口を覆って逃げるのが正解だ。

「なんだ、その程度の対策か」と思われるかもしれないが、ガソリン放火のように爆発的に燃え広がる火災では、その程度の対策しかないのが現実だ。こうした火災では運が悪くて助からないのではなく、助かる方が幸運なのである。わずかな可能性しか残っていないにせよ、最善を尽くして幸運な生還に一縷(いちる)の望みをかけるしかない。それほど人間は火災に対して無力なのだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

お正月だからこそ要チェック!「ふるさと納税」の最新トレンド

お正月だからこそ要チェック!「ふるさと納税」の最新トレンド

2020/01/02

ふるさとでお正月を迎えている人も多いだろう。折しも1月は暦年が基準となる「課税の節目」でもある。そこで「お得な税制優遇策」として定着した「ふるさと納税」の新しいトレンドを紹介しよう。地元に何らかの貢献をしたい人は、ぜひチャレンジしてほしい。