緊急事態の解除を受けたテレワーク停止が「通勤大混乱」を招いた

alt
緊急事態宣言解除に伴う通勤増に地震がぶつかり大混乱に(写真はイメージ)

まさに「いつか見た光景」だった。10月7日夜に関東を襲った地震は深夜に多数の帰宅困難者を出し、翌朝には通勤マヒを招いた。 その背景には9月末の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う「緊急事態宣言」の解除があった。宣言解除を受けて、首都圏の企業ではテレワークから出社勤務への切り替えが進んだ。その1週間後に、東日本大震災以来10年ぶりとなる最大震度5強の強い地震が発生した。

東日本大震災と同様、駅は大混乱に

JR東日本では地震の影響で7日深夜以降、東北(秋田・山形含む)・上越・北陸の各新幹線と、山手線や京浜東北線などの在来線16路線に遅れや運休が発生した。日暮里・舎人ライナーは地震で非常停止した際に先頭車両から3両目までが脱輪し、復旧のめどは立っていない。

こうした混乱を受けて、8日朝もJRの大井町駅や西川口駅、南越谷駅などでホームへの入場規制が実施され、長蛇の列ができるなど混乱が続いた。緊急事態宣言中であればテレワークが多かったのに加えて、通勤予定者も在宅勤務に切り替えやすく、駅の渋滞も緩和されたはずだ。

西村康稔前経済再生担当相は宣言解除前日の9月29日に、経済団体とのテレビ会議で「宣言が解除された後も、テレワークなどの感染予防策を継続してほしい」と呼びかけた。が、これまでテレワークを推進してきた大手でも、宣言解除と新規感染者の急速な減少を受けて10月以降は出社日数を増やすよう社員に指示する企業が増えている。

NEXT STORY

衆院選はコロナの「予想外の収束」と「第6波懸念」で早まるかも

衆院選はコロナの「予想外の収束」と「第6波懸念」で早まるかも

2021/10/01

決選投票にもつれ込んだ自由民主党の総裁選挙が岸田文雄氏の勝利で終わり、首相に就任する。次は間近に迫った衆院選だ。8月下旬には自民党がぎりぎりまでの先延ばしを模索していたが、この1カ月で状況は一変。逆に前倒しを検討している、理由はコロナ禍だ。