金融機関の記事一覧

金融機関は「事業性評価」にどう取り組むべきか

金融機関は「事業性評価」にどう取り組むべきか

金融庁が主導する「事業性評価」ですが、満足な結果が得られていないようです。背景にあるのは、評価の難しさ。今回は、金融機関が事業性評価をどう実践するか。その分析手法について具体的に解説します。

記事を読む
金融庁が力を入れる”事業性評価”がうまく機能しない理由

金融庁が力を入れる”事業性評価”がうまく機能しない理由

金融庁は「事業性評価」に基づく企業の支援を重点施策として掲げ、融資等の支援につなげるよう号令をかけている。しかし金融機関からは「実行しようとするとなかなか難しい」と対応に苦慮している現実が浮かび上がってくる。

記事を読む
倒産企業のメインバンク調査、地銀が1,457社で最多

倒産企業のメインバンク調査、地銀が1,457社で最多

東京商工リサーチによると、2018年度に倒産した企業のメインバンクは、地銀が1,457社(構成比32.7%)で最多。次いで信金が1,251社、都銀は1,020社だった。

記事を読む
au傘下の「じぶん銀行」が景気先行指標サービスを提供する理由

au傘下の「じぶん銀行」が景気先行指標サービスを提供する理由

インターネット銀行のじぶん銀行は2019年7月1日、IHSマークイットジャパンとスポンサー契約を交わし、国内景気の先行指標となる「じぶん銀行日本PMI」の提供を始めた。PMIは景気の先行指数となるデータ。なぜネット銀行が提供を始めるのか。

記事を読む
不発弾|編集部おすすめの1冊

不発弾|編集部おすすめの1冊

1人の証券マンが日本の金融業界を揺るがすフィクサーになる物語だ。実際に金融不祥事を起こした金融機関や企業をモデルに、スリリングな展開で飽きさせない。膨れ上がる一方の巨大企業の損失が、まるで「不発弾」のように日本社会で「弾ける」予感を感じる。

記事を読む
相続・事業承継ビジネスに携わる方のための営業トーク集(改訂版)|編集部おすすめの1冊

相続・事業承継ビジネスに携わる方のための営業トーク集(改訂版)|編集部おすすめの1冊

​相続や事業承継で悩んでいる資産家や中小企業経営者らに的確なアドバイスを行い、ビジネスを拡大することを目的に、銀行員や税理士、コンサルタントら向けに書かれた営業トーク集。

記事を読む
県北延岡から宮崎への“金融大移動|ご当地銀行の合従連衡史

県北延岡から宮崎への“金融大移動|ご当地銀行の合従連衡史

ご当地銀行の合従連衡史の6回目は、宮崎県。『夢に遭いにいこう』。この楽曲をテレビCMなどに活用した宮崎銀行の歴史は、イメージソングさながらにすっきりとし、合併や買収などがほとんどなく、県民に愛されて創業し、地歩を固めてきた。

記事を読む
「山一証券」廃業から20年、金融版図は一変した

「山一証券」廃業から20年、金融版図は一変した

山一証券が破たんして今日で20年になる。1997年11月24日、自主廃業の届けを出し、四大証券の一角が崩れた。この1週間前には北海道拓殖銀行が行き詰まり、都市銀行として初めて破たんした。「悪夢の一カ月」を経て、業界版図は一気に塗り替えられることになった。

記事を読む
国内銀行92行『平均年間給与』調査(2017年3月期)~トップ3は3年連続で三井住友銀行、東京スター銀行、スルガ銀行~

国内銀行92行『平均年間給与』調査(2017年3月期)~トップ3は3年連続で三井住友銀行、東京スター銀行、スルガ銀行~

東京商工リサーチによると、国内銀行92行の2017年3月期の平均年間給与は615万2,000円だった。また平均年間給与のトップ3は3年連続で三井住友銀行、東京スター銀行、スルガ銀行だった。​

記事を読む
仮想通貨ビットコインの流通で証券会社はどうなるのか?

仮想通貨ビットコインの流通で証券会社はどうなるのか?

2017年7月1日より仮想通貨の譲渡にかかる消費税が非課税とされる改正税法が適用となる。そこで今回は、仮想通貨であるビットコインの流通が増えることによって金融機関にどのような影響が出るのかを考察してみたい。

記事を読む
関西アーバン銀行・みなと銀行・近畿大阪銀行が経営統合へ 「取引企業」東京商工リサーチ調べ

関西アーバン銀行・みなと銀行・近畿大阪銀行が経営統合へ 「取引企業」東京商工リサーチ調べ

東京商工リサーチが関西アーバン銀行、みなと銀行、近畿大阪銀行をメインバンクとする企業を調査した。各行の重複先は少ないようだ。

記事を読む