生命保険の記事一覧

M&Aの節税対策、養子縁組とは

M&Aの節税対策、養子縁組とは

今回は相続税対策の1つとして有効な養子縁組について説明をします。養子縁組をすると相続対策になる理由は主に2つあります。一つは基礎控除が大きくなる、もう一つは生命保険の非課税枠が大きくなる、というものです。

記事を読む
正しい生前贈与の仕方|生命保険を活用したM&A出口戦略(7)

正しい生前贈与の仕方|生命保険を活用したM&A出口戦略(7)

近年、生前贈与を行う人が増えている。税務署からすると、非課税枠の110万円の贈与を行われると本来相続の時に取れるはずの税金が取れないことになる。 今回は、万が一税務調査に入られても問題のない生前贈与の行い方のポイントについて説明する。

記事を読む
預貯金よりも圧倒的に有利|生命保険を活用したM&A出口戦略(6)

預貯金よりも圧倒的に有利|生命保険を活用したM&A出口戦略(6)

相続税対策に生命保険を活用するメリットは主に3つある。保険金が下りるスピードが速い、死亡保険金の非課税枠、遺言の対象外という点に着目したい。生命保険には預貯金にない様々なメリットがあるのだ。

記事を読む
医療保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&A出口戦略(5)

医療保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&A出口戦略(5)

生命保険を利用した相続税対策には様々なスキームがあるが、今回は「医療保険に贈与を絡める節税方法」について説明する。贈与資金を利用して子供や孫の一生涯の医療保障を用意するスキームになる。

記事を読む
被保険者を孫や子供にする|生命保険を活用したM&A出口戦略(4)

被保険者を孫や子供にする|生命保険を活用したM&A出口戦略(4)

M&Aの売却金をそのままにしておくと、 相続の時に多額の税金が取られることになってしまう。 生命保険を利用した相続税対策には様々なスキームがあるが、今回は「被保険者を孫や子供にするスキーム」について説明する。

記事を読む
「相続時精算課税制度」って?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(3)

「相続時精算課税制度」って?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(3)

今回は「相続時精算課税制度」を用いたスキームを取り上げる。最大2500万円という大きなお金を一括で移すことができるのでM&A長者など相続税対策が必要な人には特に大きな効果を期待できるだろう

記事を読む
終身保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(2)

終身保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(2)

企業を売却する中小企業が増加傾向にある。オーナーは保有している自社株を手放すので、売却代金が入ってくる。多額の現預金を保有したまま相続が発生すると、遺族は多額の相続税を納めなくてはならない。生命保険を活用した相続税対策を解説する。

記事を読む
会社を売却する時、検討すべき相続対策とは?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(1)

会社を売却する時、検討すべき相続対策とは?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(1)

会社を売却すると中小企業のオーナーには大金が手元に入ることが一般的だ。多額の現預金を保有したまま相続が発生すると、遺族は多額の相続税を納めなくてはならない。生命保険を活用した相続税対策について解説する。

記事を読む
【相続】生命保険金は相続財産か

【相続】生命保険金は相続財産か

相続放棄をしても生命保険金を受け取ることができるのでしょうか。司法書士・行政書士法人の星野合同事務所がわかりやすく解説します。

記事を読む
保険に関するオーナー経営者の3つの勘違い

保険に関するオーナー経営者の3つの勘違い

損金算入できる生命保険をかけることで利益を圧縮し、支払う税金を減らしていると思い込んでいる会社は多くはないだろうか?

記事を読む
【専門家に聞く】オーナー経営者が死んだら会社や家族はどうなるの?

【専門家に聞く】オーナー経営者が死んだら会社や家族はどうなるの?

オーナー経営者が死んだら、会社や家族はどうなるの? オーナー経営者のお悩みをQ&A形式にて税理士の先生が回答します。

記事を読む