個別会計の記事一覧

【M&A仕訳】第三者割当増資の会計処理

【M&A仕訳】第三者割当増資の会計処理

第三者割当増資では有利発行により希薄化が生じるケースと逆希薄化が生じるケースがあります。今回は第三者割当増資の個別会計の処理(仕訳)についてご説明いたします。

記事を読む
【M&A仕訳】会社分割の会計処理

【M&A仕訳】会社分割の会計処理

会社分割は株式を対価とする企業結合の一種なので、他の取引類型と同様に、最初に取得企業と被取得企業の判定を行います。今回は、会社分割の個別会計の処理(仕訳)についてご説明いたします。

記事を読む
【M&A仕訳】合併の会計処理

【M&A仕訳】合併の会計処理

合併は複数の企業が法人格を一つに融合させる取引です。どの当事者が取得企業・被取得企業となるかを判定し、仕訳を計上します。被取得会社が存続会社となり、取得会社が消滅会社となる逆取得のケースが他の取引類型に比べると生じやすいため留意が必要です。

記事を読む
【M&A仕訳】株式移転の会計処理

【M&A仕訳】株式移転の会計処理

株式移転は新会社を設立し、全株式を新会社の株式と交換する”多対多”の集団的な取引です。株式交換と類似した会計処理を行いますが、株式移転はM&A当事者の両方とも完全子会社となるため、どちらの会社が取得企業となるかを判定する必要があります。

記事を読む
【M&A仕訳】株式交換の会計処理

【M&A仕訳】株式交換の会計処理

今回は株式交換の個別会計の処理(仕訳)について説明します。株式交換は完全親子会社をつくる手法です。取引が「1対多」の集団的なものとなるため、参加者の属性ごとに経済的実態が異なり、そのためどの当事者かによって準拠すべき会計基準も異なります。

記事を読む
【M&A仕訳】事業譲渡の会計処理

【M&A仕訳】事業譲渡の会計処理

事業譲渡によるM&Aは、単に資産を譲渡するだけですので、一つ一つの資産を売買する取引となります。今回は、事業譲渡の個別会計の処理(仕訳)についてご説明いたします。

記事を読む
【M&A会計】M&A仕訳の全体像についてわかりやすく教えます

【M&A会計】M&A仕訳の全体像についてわかりやすく教えます

M&A関連の会計処理をきちんと理解していますか? 初回はM&Aの仕訳の全体像についてお話しさせていただきます。

記事を読む