ブランドの記事一覧

資生堂、「ベアミネラル」など3ブランドをファンドに譲渡

資生堂、「ベアミネラル」など3ブランドをファンドに譲渡

8月26日、資生堂は「ベアミネラル」や「ローラメルシエ」などメイクアップブランド3ブランドをプライベートエクイティファンドのAdventに譲渡すると発表した。譲渡価格は7億ドル(約770億円)。

記事を読む
【アパレル業界最前線】米投資ファンドABGのブランド再生エコシステム

【アパレル業界最前線】米投資ファンドABGのブランド再生エコシステム

アメリカで経営破綻をした著名アパレルを次々に買収し、再建することで成長を続けるオーセンティック・ブランズ・グループ(ABG)が注目されています。筆頭株主は米投資ファンドのブラックロック。傘下企業の年商は1兆円を超えています。

記事を読む
「ワールド」が企業買収を活発化 わずか7カ月で4社を傘下に

「ワールド」が企業買収を活発化 わずか7カ月で4社を傘下に

​2018年9月に再上場した総合アパレル大手のワールドが企業買収を活発化させている。再上場後に適時開示した買収案件は3件、このほかにも1社を子会社化しており、買収企業数は4社に上る。

記事を読む
ルームウエアを買った多業種企業集団「インスタイルグループ」とは

ルームウエアを買った多業種企業集団「インスタイルグループ」とは

インスタイルグループの投資会社CLOUD(東京都渋谷区)は、ルームウエアやナイトウエアなどのアパレル商品を手がけるFINEST(東京都渋谷区)を傘下に収めた。

記事を読む
イタリア発の革製品ブランド「イルビゾンテ」が日本企業傘下へ

イタリア発の革製品ブランド「イルビゾンテ」が日本企業傘下へ

イタリア発の革製品ブランド「IL BISONTE(イルビゾンテ)」が日本企業傘下となる。買収するのはレディースアパレル中堅、ルックホールディングス。世界的な著名ブランドの本社を日本企業が取り込むのは珍しい。

記事を読む
【TSIホールディングス】M&Aはアパレルブランドを救うか?

【TSIホールディングス】M&Aはアパレルブランドを救うか?

TSIホールディングスは中間価格帯が主力の大手アパレル企業だ。高級ファッションと「ユニクロ」はじめファストファッションによるアパレル市場の「二極分化」の影響を最も受けている業態。同社が低迷する市場で生き残るカギと位置づけているのがM&Aだ。

記事を読む
販売権を鞍替え!カルピス、伊藤園による『エビアン』の販売権取得

販売権を鞍替え!カルピス、伊藤園による『エビアン』の販売権取得

『エビアン』は、フランス・ダノン社のミネラルウォーターのブランド。エビアン近郊、カシャ水源で採取され、ボトル入りの硬水ミネラルウォーターとしては、世界130か国を超える国々で愛飲されている最も有名なブランドの一つである。その歴史は、いまから約240年前、まさしくフランス革命期の1780年代にまでさかのぼる。

記事を読む
COACH(コーチ)が社名をタペストリーに変更て、なんかダサくないですか

COACH(コーチ)が社名をタペストリーに変更て、なんかダサくないですか

ラグジュアリーブランドのコーチが社名をタペストリー(Tapestry)に変更すると発表しました。76年という長年の歴史ある名前を変更するのには、近年買収したブランド企業が関係しているようです。

記事を読む
【商標・ブランド】ベライゾンによる米ヤフーの買収手続きが完了

【商標・ブランド】ベライゾンによる米ヤフーの買収手続きが完了

ベライゾンによる米ヤフーの買収手続きが完了ましたが、6月15日付の日経によると、米ヤフーの商標権はベライゾン側に移るようです。

記事を読む
米マイケル・コースが英高級靴のジミー・チュウを12億ドルで買収

米マイケル・コースが英高級靴のジミー・チュウを12億ドルで買収

米ファッションブランドのマイケル・コース・ホールディングスが、英高級靴のジミー・チュウを12億ドル(日本円でおよそ1340億円)で買収することで合意しました。

記事を読む
ブランドビジネスのABC 業界35年の“大御所”に聞く(下)

ブランドビジネスのABC 業界35年の“大御所”に聞く(下)

仏シャルル・ジョルダングループや伊セガフレード・ザネッティなどの日本参入を手掛け、ブランドビジネスに35年間携わってきた櫻庭充氏へのインタビュー後編。ファッション業界を中心に、ブランドビジネスにおけるM&Aのほか、今後ブランドビジネスが向かっていくであろう近い未来について語ってもらった。

記事を読む
ブランドビジネスのABC 業界35年の“大御所”に聞く(上)

ブランドビジネスのABC 業界35年の“大御所”に聞く(上)

2016年は三陽商会の「バーバリー」、ヤマザキ・ナビスコの「リッツ」「オレオ」のライセンス契約が終了になり話題になった。ライセンスによるブランドビジネスの基本的な仕組みやリスクとは。仏シャルル・ジョルダングループや伊セガフレード・ザネッティの日本参入を手掛けたファッション業界の大御所、櫻庭充氏に聞いた。

記事を読む
街中に見るM&A さよなら、プランタン銀座

街中に見るM&A さよなら、プランタン銀座

2016年12月、プランタン銀座が32年の歴史にピリオドを打つ。時代の流れとともに変化していったニーズとその変化に伴う仏・プランタン社との方向性の違いから、商号・商標契約が終了。12月末には全株式が読売新聞東京本社に売却され、来年3月中旬に「マロニエゲート銀座」として生まれ変わる。

記事を読む
米コーチが英バーバリーの買収を検討しているってよ

米コーチが英バーバリーの買収を検討しているってよ

高級ハンドバッグで有名な米コーチが英バーバリーの買収を検討しているそうです。ファッションブランドの再編に動きはあるのでしょうか。

記事を読む
【クリエイト・レストランツ・ホールディングス】「時間を買う」M&Aの積極活用で成長。次なる戦略は?

【クリエイト・レストランツ・ホールディングス】「時間を買う」M&Aの積極活用で成長。次なる戦略は?

立地に合わせて業態開発をする戦略を掲げ、100以上の業態の多種多様なレストランを展開するクリエイト・レストランツ・ホールディングス。確立されたブランドを買収する、「時間を買う」M&Aによって、一度は落ち込んだ売り上げを回復、急成長させている。そのM&A戦略を分析する。

記事を読む