M&A Online

M&A Online

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。

最新の記事

特別清算した竹下元首相の生家「竹下本店」を事業承継した地方財閥

特別清算した竹下元首相の生家「竹下本店」を事業承継した地方財閥

竹下登元首相の生家として知られ、首相在任中に発売した「出雲誉」が話題になった竹下本店が10月16日に松江地裁から特別清算開始命令を受けた。酒造事業については2022年10月に田部竹下酒造に譲渡済み。事業承継をしたのは、どのような会社なのか?

記事を読む
岸田首相もハマった?減税は支持率上昇どころか「命取り」の歴史

岸田首相もハマった?減税は支持率上昇どころか「命取り」の歴史

岸田文雄政権の支持率が伸びない。所得減税を打ち出したにもかかわらず内閣支持率は20%台後半から30%台前半の過去最低に低迷している。 過去の政権においても所得減税で支持率が落ち込むのは珍しくない。政権崩壊のきっかけになった事例すらあるのだ。

記事を読む
食品スーパー事業から撤退「トーホー」の次はどこ

食品スーパー事業から撤退「トーホー」の次はどこ

業務用食品卸大手のトーホーは傘下のトーホーストア(神戸市)が兵庫県内で29店舗を展開する食品スーパー事業から撤退する。競争の激化に伴い事業規模が縮小し厳しい状況が続いていたため、業務用食品卸売事業に経営資源を集中させることにした。

記事を読む
第三者承継の悩みを相談「ライトライト」が情報交換コミュニティrelaysを立ち上げ

第三者承継の悩みを相談「ライトライト」が情報交換コミュニティrelaysを立ち上げ

ライトライト(宮崎市)は2023年10月28日に、東京都大田区の羽田PiO PARKで、第三者承継の経験者をはじめ、第三者承継後に悩みを抱えている人や起業をしたい人らが、情報交換するコミュニティ「relays」の発足発表会を開催した。

記事を読む
「社長交代」事業承継の光と闇|編集部おすすめの1冊

「社長交代」事業承継の光と闇|編集部おすすめの1冊

なぜこれほどまでに事業承継が進まないのだろうか。その難しさの一端を知りたい方におすすめの1冊として「社長交代 事業承継の光と闇」を紹介したい。

記事を読む
キオクシアでまたも「船頭多くして…」の東芝、再建に大きな不安

キオクシアでまたも「船頭多くして…」の東芝、再建に大きな不安

東芝再建の一角をなす、キオクシアホールディングスと米半導体大手のウエスタン・デジタル(WD)との経営統合が白紙に戻った。キオクシアとの関係強化を目指す韓国SKハイニックスが同意しなかったのが響いた。東芝同様、出資者の多さが仇になった格好だ。

記事を読む
ジャパンモビリティショーで披露、働く車で「2024年問題」解決

ジャパンモビリティショーで披露、働く車で「2024年問題」解決

運送業界の「2024年問題」が目前に迫っている。ドライバー不足は必定。そこで知恵を絞っているのが商用車の車体メーカー。ジャパンモビリティーショーでは、日本自動車車体工業会がドライバーの負担軽減と物流効率を引き上げる独自製品が紹介されている。

記事を読む
ルールメイクできるスタートアップを支援「インクルージョン・ジャパン」服部結花代表取締役に聞く

ルールメイクできるスタートアップを支援「インクルージョン・ジャパン」服部結花代表取締役に聞く

インクルージョン・ジャパン(東京都品川区)は、ESG領域で事業展開するスタートアップを主な投資先とする「ICJ2号ファンド」を運営している。服部結花代表取締役に狙いや戦略をお聞きした。

記事を読む
【トナミホールディングス】創業80周年の路線トラック大手、M&Aのフットワークも軽快

【トナミホールディングス】創業80周年の路線トラック大手、M&Aのフットワークも軽快

トナミホールディングスは今年創業80周年を迎え、北陸最大の物流会社として不動の地位を築く。主力事業の路線トラックの輸送網は全国に広がる。「パンサー(豹)マーク」のロゴはトナミHDの代名詞。その同社、M&Aのフットワークの良さで一目置かれる。

記事を読む
ディズニーのテレビ局に手を伸ばした「コメディアン買収王」とは

ディズニーのテレビ局に手を伸ばした「コメディアン買収王」とは

米ディズニー傘下の米ABCテレビ買収に、バイロン・アレン氏が名乗りをあげた。総額100億ドル(約1兆5000億円)での買収を提案している。アレン氏はコメディアンながら、大型M&Aを次々と成功させた実業家でもある。なぜ彼は買収王になれたのか?

記事を読む
トヨタがテスラの急速充電規格を採用、どうなる国産「チャデモ」

トヨタがテスラの急速充電規格を採用、どうなる国産「チャデモ」

トヨタ自動車が2025年から電気自動車に米テスラ主導の北米充電規格「NACS」を採用すると発表した。これによりトヨタのEVはテスラの急速充電設備を利用できるように。一方で国産EV充電規格の「チャデモ(CHAdeMO)」の先行きが懸念される。

記事を読む
ジャパンM&Aソリューションが新規上場、M&A仲介の業界地図は?

ジャパンM&Aソリューションが新規上場、M&A仲介の業界地図は?

M&A仲介のジャパンM&Aソリューションが10月24日に東証グロース市場に上場した。M&A仲介の上場は2年連続で、7社目となる。中小企業庁が受け付けているM&A支援機関の登録件数は専門業者だけで1000件を超えるが、上場までたどりついたのはほんの一握り。どんなプレーヤーがいるのか、その顔ぶれを改めて点検する。

記事を読む
京都の老舗喫茶「イノダコーヒ」が譲渡で成長軌道に ストライクがセミナー開催

京都の老舗喫茶「イノダコーヒ」が譲渡で成長軌道に ストライクがセミナー開催

ストライクは2023年10月23日に、京都市のホテルグランヴィア京都で「京都の老舗喫茶が目指すファンドとのM&Aによる事業成長」をテーマにセミナーを開催した。

記事を読む
続く工作機械メーカーの買収「ニデック」永守会長が意欲

続く工作機械メーカーの買収「ニデック」永守会長が意欲

ニデックの永守重信会長は、現在進行中の工作機械メーカーTAKISAWAのTOB(株式公開買い付け)が完了すれば「大まかな工作機械は全部揃う。あと少し必要なので、それもいずれ買収によって揃える」とし、工作機械メーカーの買収に意欲を見せた。

記事を読む
ソーシング・ブラザーズ代表に聞く、オープンイノベーションの"今"

ソーシング・ブラザーズ代表に聞く、オープンイノベーションの"今"

大企業からスタートアップへの直接的な投資を促し、結び付け、日本から多数のイノベーションを生み出そうと働きかけるのがソーシング・ブラザーズ(東京都千代田区)。小澤壮太代表と渡邊祥太郎代表に同社の取り組みとオープンイノベーションの"今"を聞いた。

記事を読む
在京テレビ5社、「ジブリ」買収の日本テレビがM&Aでライバルを圧倒

在京テレビ5社、「ジブリ」買収の日本テレビがM&Aでライバルを圧倒

テレビ業界が動画配信サービスに代表されるネットメディアとの競争激化やCM収入の頭打ちなど構造変革に直面して久しい。こうした中、放送以外の収入拡大が経営課題となっているが、具体化の手立ての一つがM&A。では、在京テレビキー5社はM&Aにどう向き合っているのか。

記事を読む
トヨタが認めた太陽電池 エネコートテクノロジーズ <京都大>-大学発ベンチャーの「起源」(87)

トヨタが認めた太陽電池 エネコートテクノロジーズ <京都大>-大学発ベンチャーの「起源」(87)

エネコートテクノロジーズは京大発の太陽電池開発ベンチャー。2018年1月に同社共同設立者で最高科学責任者でもある若宮淳志京大化学研究所教授の研究成果をベースに、次世代太陽電池の本命といわれる「ペロブスカイト太陽電池」の開発に取り組んでいる。

記事を読む
Clearの超高額日本酒が飛ぶように売れる理由 Conference of S venture Lab.

Clearの超高額日本酒が飛ぶように売れる理由 Conference of S venture Lab.

ストライクはスタートアップと事業会社の提携を促進する「Conference of S venture Lab.」を開いた。「伝統産業とオープンイノベーション」をテーマに、ブランド日本酒を手がけるClearによるトークセッションなどがあった。

記事を読む
ラクスルは、なぜ「はんこ屋」を買収したのか?

ラクスルは、なぜ「はんこ屋」を買収したのか?

ラクスルがTOBを実施し、印鑑ネット販売最大手の「ハンコヤドットコム」を運営するAmidAホールディングスを完全子会社化した。同社は本業の周辺事業でM&Aを進めてきた。今回印鑑という、一見すると本業とは無縁の業種でM&Aを実施した。なぜか。

記事を読む
減収減益の「リクルート」増収増益の「パーソル」好不調の要因はどこに

減収減益の「リクルート」増収増益の「パーソル」好不調の要因はどこに

求人情報や人材派遣などの人材サービス最大手のリクルートホールディングスの業績がはっきりとしない。経済環境の悪化によって欧米の人材マッチング市場が縮小傾向にあり、どの程度の影響がでるのか想定が難しいとして具体的な数字を非公表としているのだ。

記事を読む
ライトライトがオフラインコミュニティ「relays」立ち上げ、ローンチイベント参加者募集

ライトライトがオフラインコミュニティ「relays」立ち上げ、ローンチイベント参加者募集

事業承継マッチングプラットフォーム「relay」を運営するライトライトが10月28日に都内で開催する第三者承継コミュニティ「relays(リレイズ)」ローンチ発表会への参加者を募集している。

記事を読む
女性ゴルファーに朗報「PGM」がレディスティーからの距離を5000ヤード以下に

女性ゴルファーに朗報「PGM」がレディスティーからの距離を5000ヤード以下に

ゴルフ場運営会社パシフィックゴルフマネージメント(PGM)が、レディスティーからの距離を5000ヤード以下にする改修に乗り出した。全国148カ所のゴルフ場の中から「女性におすすめのゴルフ場」として選定した20のゴルフ場で実施する。

記事を読む
食品の値上げラッシュの中、値下げに踏み切る「幸楽苑」「から好し」その成り行きは

食品の値上げラッシュの中、値下げに踏み切る「幸楽苑」「から好し」その成り行きは

幸楽苑ホールディングスは、ラーメン店「幸楽苑」全381店舗で一部商品(11品)を20-70円値下げした。すかいらーくホールディングスも2023年9月に、から揚げ専門店「から好し」全店で親子丼を140円値下げした。

記事を読む
新たな成長軌道に乗った「電通」と足踏み状態の「博報堂」 両社の差はどこに

新たな成長軌道に乗った「電通」と足踏み状態の「博報堂」 両社の差はどこに

広告代理店首位の電通グループがコロナ禍の中、高水準のM&Aを維持している。同社は2023年(1-9月)に5件のM&Aを適時開示しており、コロナ禍の影響が出始めた2020年からM&Aの適時開示件数は15件に達した。

記事を読む
M&Aの取引金額、夏場を境に「急ブレーキ」がかかる

M&Aの取引金額、夏場を境に「急ブレーキ」がかかる

M&Aの取引金額が夏場を境に大きく鈍化している。1~9月累計(適時開示ベース)は前年を27%上回る6兆777億円と好調。ところが、四半期別では1~3月、4~6月が各2兆6000億円に対し、直近の7~9月は約8500億円にとどまり、急ブレーキがかかった形だ。

記事を読む

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5