キユーピーは、ジャム・ホイップなどのパン周り商品販売事業を、アヲハタに譲渡することを決議した。キユーピーは、アヲハタの株式公開買い付け(TOB)を実施しており、TOBの成立を条件に会社分割により譲渡する。

キユーピーは加工食品事業のパン周りカテゴリーについて、アヲハタで生産・販売が一体となった事業体制を構築することで迅速な商品開発が可能になると判断。アヲハタの子会社化でキューピーの加工食品事業全体の市場競争力の向上を目指す。

対象事業の直近売上高は120億円。

アヲハタは対価として119万2000株(所有割合17.31%)を新たに発行し、キューピーに割当交付する。

譲渡予定日は2014年12月1日。