M&A速報

キユーピー<2809>、食品製造子会社の富士吉田キユーピーをはくばくに譲渡

2021/05/13

キユーピーは、各種調味料・調理食品の製造子会社である富士吉田キユーピー(山梨県富士吉田市。売上高7億6500万円)の全保有株式51%を、精麦や雑穀など食品製造のはくばく(山梨県中央市)に譲渡することを決めた。これまで富士吉田キユーピーで製造していたキユーピー商品のうち、マヨネーズ、育児食はキユーピーの他工場に移管し、「まごころ一膳 おかゆシリーズ」は8月をもって販売を終了する。譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2021年6月30日。

富士吉田キユーピーはもともとキユーピーの100%子会社だったが、2019年6月に49%の株式をはくばくに譲渡し、共同運営してきた。

M&Aデータベース

関連の記事

「新聞」だけじゃない、2度目の新型コロナの夏に値上がりする商品は?

「新聞」だけじゃない、2度目の新型コロナの夏に値上がりする商品は?

2021/06/30

2021年もいよいよ後半戦。7月1日に値上げされる商品は意外とある。27年ぶりの購読料引き上げが注目される朝日新聞、毎日新聞だけではない。

安全な「カラオケ」と肌荒れのないウイルス不活剤「コシダカ」と「キユーピー」が実現へ

安全な「カラオケ」と肌荒れのないウイルス不活剤「コシダカ」と「キユーピー」が実現へ

2021/06/25

新型コロナウイルスの感染対策ビジネスに、異業種からの参入が目立ってきた。コシダカによるウイルス不活化機器と、キユーピーによるウイルス不活化剤がそれ。新規感染者数は増加傾向を示しており、異業種からの参入は今後も続くかも。

冷え込む海外M&A、7月も1ケタの件数にとどまる公算大

冷え込む海外M&A、7月も1ケタの件数にとどまる公算大

2020/07/16

新型コロナの世界的拡大を受けて、日本企業による海外M&Aが冷え込んでいる。7月前半の海外M&Aは4件にとどまり、このままでは6月に続き、7月も月間1ケタの低水準となる見通しだ。2カ月連続で1ケタとなれば、2013年以来7年ぶりだ。

コロナ禍で「良品計画」の米国子会社が破綻 海外事業で苦戦する日本企業

コロナ禍で「良品計画」の米国子会社が破綻 海外事業で苦戦する日本企業

2020/07/14

新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、日本企業の海外子会社が経営破綻するケースや、海外子会社や事業の売却を余儀なくされるケースなどが次第に目立ち始めてきた。

【間違えやすい社名シリーズ】カタカナ会社編

【間違えやすい社名シリーズ】カタカナ会社編

2018/10/28

うっかり間違えやすい社名シリーズの第3回はカタカナ会社にスポットを当てます。ジャムや缶詰で知られるアヲハタ。同社のシンボルマークである「青旗」をカタカナ読みしたものですが、よく注意してみると、表記は「オ」でなくて、「ヲ」となっています。

【意外な子会社】キユーピーがアヲハタをTOB(2014年)

【意外な子会社】キユーピーがアヲハタをTOB(2014年)

2017/04/25

2014年にキユーピーがアヲハタをTOB。当時「マヨネーズがジャムを手中に収めた」といわれたが、実はキューピーもアヲハタも“同根”の会社である。ご存知の方は少ないのでは?

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5