M&A速報

京王電鉄<9008>、不動産関連業のリビタを子会社化

2011/12/27

京王電鉄は、不動産売買や住宅リノベーションを手掛けるリビタ(東京都渋谷区。売上高67億6000万円、営業利益4億7500万円、純資産21億3000万円)の株式91.0%を取得し、子会社化することを決議した。

リビタは東京電力<9501>の子会社。京王電鉄は、不動産関連ビジネスで住宅リノベーション事業に注力しており、リビタを子会社化することで、沿線外への事業領域拡大を加速させたいとしている。

取得価額は非公表。取予定日は2012年1月初旬。

M&Aデータベース

関連の記事

業績下方修正企業の増加スピードが鈍化「アイシン精機」は500億円以上の売上消失

業績下方修正企業の増加スピードが鈍化「アイシン精機」は500億円以上の売上消失

2020/05/09

新型コロナウイルスの影響を理由に、業績を下方修正する上場企業の増加スピードが落ちてきた。このまま業績下方修正企業は減少するのか、それともゴールデンウイークの一時的な現象なのか。次回調査が注目される。

【京王井の頭線】戦前の合併劇に揺れた東京郊外の路線(後編)

【京王井の頭線】戦前の合併劇に揺れた東京郊外の路線(後編)

2018/09/30

東京郊外鉄道は1933年8月に渋谷~井の頭公園間の営業が開始。その後、社名を帝都電鉄と改称したが、その営業は困難をきわめた。小林一三、五島慶太を迎え、京王井の頭線は小田急の傘下に。その後、東急を経て京王の傘下に入ったのは、戦後のことだった。

【京王井の頭線】戦前の合併劇に揺れた東京郊外の路線(前編)​

【京王井の頭線】戦前の合併劇に揺れた東京郊外の路線(前編)​

2018/09/02

渋谷と吉祥寺を結ぶ京王井の頭線。営業距離はわずか12.7kmだが沿線の人気は高く、1日に360~370万人ほどの旅客が乗り降りする。この京王井の頭線の成り立ちには1920年代から繰り広げられた東急、小田急など東京郊外の私鉄の合併劇があった。

M&A速報検索

クリア