東京電力ホールディングスの100%子会社の東京電力フュエル&パワー(東京都千代田区)と中部電力は、燃料・火力発電事業を統合することで合意したと発表した。2015年4月に共同で設立した発電会社JERA(東京都中央区)に同事業を統合する。2019年上期中を目途に統合に係る合弁契約書の締結を目指す。

東京電力フュエル&パワーと中部電力はJERA設立以降、燃料調達から発電までのサプライチェーン全体の事業統合を順次進めている。今後、国内エネルギー需要の伸び悩みや再生可能エネルギーの普及拡大などに加え、新たな電力市場の創設や小売自由化の進展などの事業環境の変化への対応を図る。

譲渡価額、譲渡予定日はともに非公表。