キンコン西野氏購入の「YS-11」5000万円は高い?安い?

alt

機体だけでなく、輸送費や設置する用地、機内改装のコストも

西野氏が支払うのは5000万円だけでは済まない。西野氏が落札した機体は2019年6月までスリランカの航空会社サクライ・アビエーションが運用していた機体で、あと10年は現役の旅客機として運用できるという。そのためには格納庫での整備費用が月30万~50万円、パイロットなどの人件費が同数百万円はかかる。

西野氏はテレビ番組で「東京からそう遠くない森の中に移して、主宰するオンラインサロンのメンバーが泊まるための宿にしたい」と語っており、航空機としての運用はしない模様だ。それでも日本までの移送と空港から設置場所までの輸送費が必要になる。

2021年7月にヨルダン川西岸でレストランとして再利用するため「ボーイング707」を購入したケースでは、イスラエル国内の移動にもかかわらず輸送費に2万ドル(約220万円)かかった。加えて「YS-11」を設置する土地の取得または借り受けの費用も必要になる。さらには宿舎仕様にするための内装費も必要で、総コストはかさみそうだ。

もっとも西野氏のブログによると、2019年に新作個展の開催費を集めるためのクラウドファンディングで1200万円の光る絵画が発売直後に売れるなど、クリエイターとしての人気も高い。「YS-11」の機体や内装に西野氏が絵を描けば、アート作品として高額販売も期待できる。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「飛行機」と「航空機」はどう違う?|つい混同しがちな単語5選

「飛行機」と「航空機」はどう違う?|つい混同しがちな単語5選

2021/08/01

一見よく似た単語で、普段はあまり気に留めていないが、実は少しばかり意味が違う場合がある。例えば、「飛行機」と「航空機」。「預金」と「貯金」もしかり…。どう使い分けたらいいのだろう?