3Dデジタル・データの精緻さで勝負

3Dプリンタをより活かすことを目的とした オリジナル小型射出成形機『EasyMold』

現在、デジタルファクトリーはPolyJet方式とFDM方式という出力形式の異なる3Dプリンター(ハード機器)と、関連サービスを幅広く手がけている。創業当初は3Dの市場性の大きさは喧伝されるものの、国内には同業者はもちろんのことメーカー自体もまだ少なかった。だが今日、2Dプリンターメーカーのほか、関連の販売会社も3Dプリンター市場に参入し、市場競争は激化する一方だ。汎用機も含めれば、多種多様なメーカーが生まれ、販売をしている。

「そのなかで、当社は最先端のデジタル技術とアナログ技術、そして人間力(ヒューマンスキル)を生かしてDRS(Digital Revolutionary Solution)を駆使して『ニッチ・トップを狙っていこう』と社員には訴えています。競争は激化する一方ですから、差別化が欠かせません」

差別化の一つは正確な3Dデジタル・データの制作。どこまで精緻なデータをつくり上げられるかによって、造形物のよりニッチな活用分野での有用度、さらにその汎用性が変わってくる。スピーディーな造形速度が求められ、原材料も続々と新素材が生まれる。造形技術も日進月歩だ。玩具業界で使われるキャラクターの3D展開はもちろん、自動車部品、家電、医療機器など、より精緻に、かつ再現性・汎用性が求められるものもある。また、伝統工芸品、ジュエリーなどの特化した嗜好品の分野での活用も、幅広く求められている。それらのデジタル・データづくりの精緻な技術をジャパン・オリジナルで高めていこうとしている。