M&A実務の記事一覧

改正外為法のM&A実務への影響

改正外為法のM&A実務への影響

改正外為法の施行により株式取得等のM&A取引については、改正外為法の適用があるため、留意が必要です。

記事を読む
【M&Aインサイト】事業譲渡契約の詐欺による取消しを認めた裁判例

【M&Aインサイト】事業譲渡契約の詐欺による取消しを認めた裁判例

今回は、東京地裁が事業譲渡契約の詐欺による取消しを認め、譲渡代金の一部返還を命じる判決を下した裁判例を紹介します。

記事を読む
【M&Aインサイト】金商法166条1項5号にいう「職務に関し知った」の意義について示した裁判例

【M&Aインサイト】金商法166条1項5号にいう「職務に関し知った」の意義について示した裁判例

2017年6月、処分行政庁の課徴金納付命令が裁判所によって初めて取り消されました。今回の裁判で争点となったのは「職務に関し知った」という点。裁判所が示したその意義を解説します。

記事を読む
【M&Aと税務】M&A実務における株式譲渡代金と退職金の関係は

【M&Aと税務】M&A実務における株式譲渡代金と退職金の関係は

オーナーは個人で会社の株式を売却すると、その対価として現金を手にすることになります。ただし、オーナーが現金を受け取る機会はそれだけではありません。オーナーの退任に伴う役員退職金の支払いがそれにあたります。本稿では、退職金の取り扱いをみたうえで、M&A実務での株式譲渡代金と退職金の関係についてお伝えします。

記事を読む
【M&Aと税務】平成29年度税制改正が与える不動産M&Aへの影響とは

【M&Aと税務】平成29年度税制改正が与える不動産M&Aへの影響とは

平成29年度税制改正により組織再編税制が見直されました。財務省の税制改正の解説で、本改正は、「近年行われている多様な組織再編成に対応する」ためになされたと説明されています。なかでも実務家の間で話題となっている改正が、分割型分割における関係継続要件の見直しです。その影響で、不動産M&Aの実務が大きく変わることになります。

記事を読む