手法解説記事

事業譲受の記事一覧

【公認会計士監修】現物出資(げんぶつしゅっし)|手法解説

【公認会計士監修】現物出資(げんぶつしゅっし)|手法解説

現金以外の財産で出資することを「現物出資」といいますが、M&Aを実施する手法としても、現物出資が可能です。ここでは、現物出資による事業の買収を図解で説明します。

記事を読む
「EVの風雲児」テスラが買収したマックスウェル・テクノロジーズってどんな会社?

「EVの風雲児」テスラが買収したマックスウェル・テクノロジーズってどんな会社?

米電気自動車大手のテスラがバッテリー技術会社の米マックスウェル・テクノロジーズを約2億1800万ドル(約240億円)で買収する。今回の買収劇で最重要部品である蓄電池の増産に弾みをつけ、EVの生産拡大を図ると伝えられている​が、本当にそうか?

記事を読む
【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

東証の「適時開示」ベースで、2月の買収案件(グループ内再編は除く)は53件となり、前月より8件増えた。IN-OUT型M&Aが9件あり、コシダカホールディングスは女性向けフィットネスの米カーブスを約185億円で傘下に収める。

記事を読む
【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

2015年5月、日本から世界最大の工作機械メーカーの「DMG森精機」が誕生した。世界7カ国で14の開発・製造拠点を擁し、約1万2000人の従業員を雇用する巨大企業に飛躍する。中小企業から大企業まで全世界で約15万社のユーザーを抱える。その「原動力」はM&Aだった。

記事を読む
楽天の「無謀な挑戦」は通信再編の引き金になるか

楽天の「無謀な挑戦」は通信再編の引き金になるか

楽天がドコモ、au、ソフトバンクに続く第4の携帯キャリアに名乗りを上げた。果たしてその成否は…。

記事を読む
【M&Aインサイト】事業の譲受会社が標章を続用したことにより会社法 22 条1 項(商号続用責任)の類推適用が認められた裁判例

【M&Aインサイト】事業の譲受会社が標章を続用したことにより会社法 22 条1 項(商号続用責任)の類推適用が認められた裁判例

森・濱田松本法律事務所の「Client Alert」のM&AOnlineでの配信2回目。今回は、事業の譲受けにおいて商号続用責任の類推適用が認められた裁判例を紹介する。

記事を読む