ビジネス占星術のニュース記事一覧

資生堂、天性の資質で難しい時代を舵取り|ビジネスパーソンのための占星術

資生堂、天性の資質で難しい時代を舵取り|ビジネスパーソンのための占星術

資生堂は日本を代表する化粧品の世界ブランド。昨年10月、米の新興化粧品メーカーを910億円で買収することを決めた。だが、米企業相手のM&Aでは過去に高価な“授業料”を払った苦い経験を持つ。同社の今後を占星術的な観点からながめる。

記事を読む
旭化成、2022年からポテンシャルがさらに開花|ビジネスパーソンのための占星術

旭化成、2022年からポテンシャルがさらに開花|ビジネスパーソンのための占星術

旭化成は総合化学大手の一角を占める。身近なところではサランラップ、住宅のヘーベルハウスで知られる。多角化経営では日本有数だ。今年のノーベル化学賞には同社の吉野彰名誉フェローが選ばれ、一躍、時の人なった。旭化成の行くてを占星術でみると。

記事を読む
  日本取引所グループ、発展力が「増幅」する星配置に|ビジネスパーソンのための占星術

日本取引所グループ、発展力が「増幅」する星配置に|ビジネスパーソンのための占星術

日本取引所グループ(JPX)が10月1日に東京商品取引所と経営統合した。証券と商品をワンストップで取り扱う「総合取引所」構想が12年越しで実現の運びとなった。世界とは“周回遅れ”との指摘があるが、占星術的にはどうか?

記事を読む
日本製鉄、逆境に強く「結果」を安心して期待!|ビジネスパーソンのための占星術

日本製鉄、逆境に強く「結果」を安心して期待!|ビジネスパーソンのための占星術

新日鉄住金が2019年4月に「日本製鉄」に社名変更して半年が過ぎた。実は「日本製鉄」の社名が復活するのは69年ぶり。同社のルーツは官営八幡製鉄所。「鉄は国家なり」を体現してきた日本有数の名門企業だが、占星術でみた新生・日本製鉄の行方は?

記事を読む
LIXILグループ、内紛乗り越えて2021年に「好結果」生む局面へ|ビジネスパーソンのための占星術

LIXILグループ、内紛乗り越えて2021年に「好結果」生む局面へ|ビジネスパーソンのための占星術

住宅設備・建材大手のガリバー企業、LIXILグループ。2011年にトステム、INAXなど5社が統合して発足したが、昨秋からトップ人事をめぐる内紛で経営が迷走した。創業家出身者の前CEOとの争いを制した瀬戸欣哉新CEO率いる同社の今後は?

記事を読む
アサヒグループHD、豪ビール大手の1.2兆円買収は「吉」と出るか?|ビジネスパーソンのための占星術

アサヒグループHD、豪ビール大手の1.2兆円買収は「吉」と出るか?|ビジネスパーソンのための占星術

アサヒグループホールディングスが豪ビール大手を1兆2000億円で買収する。1980年代後半に発売した「スーパードライ」は時代を画する大ヒットとなり、業界トップをキリンから奪取する原動力になった。占星術の見地からアサヒの企業行動を点検すると。

記事を読む
三菱重工、今年4月を境に「好転局面」入り|ビジネスパーソンのための占星術

三菱重工、今年4月を境に「好転局面」入り|ビジネスパーソンのための占星術

三菱重工業は日本で指折りの大企業。船舶、重機からエネルギー、産業機械、航空・防衛・宇宙まで、陸海空の幅広い領域をカバーする。社運を左右するとされるのが小型ジェット旅客機「スペースジェット」の行方だ。占星術の見立てはどうだろう。

記事を読む
「ユニクロ」創業者・柳井正氏、次の転機は2021年?|ビジネスパーソンのための占星術

「ユニクロ」創業者・柳井正氏、次の転機は2021年?|ビジネスパーソンのための占星術

カジュアル衣料「ユニクロ」を世界企業に導いたカリスマリーダーの柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長。21世紀の日本で最も注目される経営者の一人だ。そんな柳井氏の来し方行く末を占星術の視点から観察してみると…。

記事を読む
JT、2023年以降「健康問題」で正念場へ|ビジネスパーソンのための占星術

JT、2023年以降「健康問題」で正念場へ|ビジネスパーソンのための占星術

JTは「M&A巧者」として知られる。果敢なM&Aが同社を世界第3位のたばこ会社に押し上げる原動力となった。ただ、たばこをいえば、健康志向の高まりを背景に何かと“悪役”にされがち。JTの行く末は? 柳川隆洸氏が占星術的視点から読み解きます。

記事を読む