アパレル市場のニュース記事一覧

トムフォード買収、米エスティローダーが28億ドルで合意

トムフォード買収、米エスティローダーが28億ドルで合意

11月15日、米化粧品大手エスティローダーは、米高級服飾ブランドのトムフォードを約28億ドルで買収することで合意したと発表した。同社にとって過去最大の買収案件となる。

記事を読む
「ジェラート ピケ」のマッシュグループ、株式過半を米ファンドに売却

「ジェラート ピケ」のマッシュグループ、株式過半を米ファンドに売却

「ジェラート ピケ」などを展開するマッシュホールディングスは11月16日、米投資ファンドのベインキャピタルに株式の過半数を譲渡すると発表した。売却額は国内アパレルのM&Aとして最大級の2000億円規模と報じられている。創業者の近藤氏は留任。

記事を読む
ミニスカートを考案『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』

ミニスカートを考案『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』

英国ロンドン出身のファッション・デザイナー、マリー・クワントのドキュメンタリー映画が11月26日から公開される。時代を切り開いた起業家としての歩みを資料映像と関係者へのインタビューでたどる。出演にケイト・モス、ヴィヴィアン・ウェストウッドほか

記事を読む
仏高級ブランドグループのケリング、トム・フォード買収に向けて協議

仏高級ブランドグループのケリング、トム・フォード買収に向けて協議

グッチなどの有名ブランドを持つ仏高級ブランドグループ、ケリングが、ファッションブランドのトム・フォード買収に向けて協議していると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが3日、関係筋の話として報じた。

記事を読む
ドルガバを日本市場に参入した三崎商事、民事再生を申請

ドルガバを日本市場に参入した三崎商事、民事再生を申請

高級ブランド輸入商社の三崎商事が8月1日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。負債総額は46億6300万円。同社は高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」を日本市場に参入させたことで知られる。

記事を読む
【小売業界】2022年上期のM&Aは34件、「アパレル」関連が7件で最多

【小売業界】2022年上期のM&Aは34件、「アパレル」関連が7件で最多

2022年上期(1~6月)の小売業界を対象としたM&A件数(適時開示ベース)は34件と前年同期を9件上回った。アパレル関連が7件と最も多く、調剤薬局・ドラッグストア、リユース(中古)品の各3件が続いた。

記事を読む
【前編】フリージア佐々木ベジ会長 ラピーヌの変革とは

【前編】フリージア佐々木ベジ会長 ラピーヌの変革とは

2020年9月、「不振・倒産企業の再生請負人」として知られるフリージア・マクロスの佐々木ベジ・取締役会長は、百貨店向け婦人服大手ラピーヌの代表取締役社長に就任した。

記事を読む
LVMHアルノー会長、日本との連携強化で政府へ3つの提案

LVMHアルノー会長、日本との連携強化で政府へ3つの提案

経済産業省は5月10日、パリを本拠地とする高級ブランド世界最大手、LVMHのベルナール・アルノー会長兼CEOが松野博一官房長官と2日に会談したと発表した。アルノー氏は日本のファッション・アート業界との連携強化を打ち出し、連携策を提案した。

記事を読む
アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

記事を読む
【ストライプ】先細るアパレル市場をM&Aで「生き残る方法」は

【ストライプ】先細るアパレル市場をM&Aで「生き残る方法」は

ストライプインターナショナルは衣料品の製造・販売を手がける国内3位のアパレルSPA企業だ。だが、成長余地が少ない国内アパレル市場は厳しい。2018年11月に予定していた株式上場を延期している。同社が成長を続けるにはM&Aを活用するしかない。

記事を読む
アパレル・サバイバル|編集部おすすめの1冊

アパレル・サバイバル|編集部おすすめの1冊

アパレル市場を一変させたゲームチェンジャーであるZOZO。本書はZOZOをはじめとするアパレル販売の「ゲームチェンジャー」を取り上げ、それらの戦略と業界・社会に与える影響を明らかにする一冊。果たして次の10年間で業界を支配するのはどこか。

記事を読む
ZOZO失速!アパレルECは戦国時代に?「アパレル・サバイバル」著者に聞く

ZOZO失速!アパレルECは戦国時代に?「アパレル・サバイバル」著者に聞く

飛ぶ鳥を落とす勢いだったインターネット衣料通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOの急成長にストップがかかった。アパレルECビジネスが「地殻変動」を迎えている証拠だ。果たしてアパレルで生き残るのはどこか?専門家に聞く。

記事を読む
ブランドビジネスのABC 業界35年の“大御所”に聞く(下)

ブランドビジネスのABC 業界35年の“大御所”に聞く(下)

仏シャルル・ジョルダングループや伊セガフレード・ザネッティなどの日本参入を手掛け、ブランドビジネスに35年間携わってきた櫻庭充氏へのインタビュー後編。ファッション業界を中心に、ブランドビジネスにおけるM&Aのほか、今後ブランドビジネスが向かっていくであろう近い未来について語ってもらった。

記事を読む
ブランドビジネスのABC 業界35年の“大御所”に聞く(上)

ブランドビジネスのABC 業界35年の“大御所”に聞く(上)

2016年は三陽商会の「バーバリー」、ヤマザキ・ナビスコの「リッツ」「オレオ」のライセンス契約が終了になり話題になった。ライセンスによるブランドビジネスの基本的な仕組みやリスクとは。仏シャルル・ジョルダングループや伊セガフレード・ザネッティの日本参入を手掛けたファッション業界の大御所、櫻庭充氏に聞いた。

記事を読む
【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(4)買収される側の事情

【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(4)買収される側の事情

買収される側の企業には、資金力と信用力が上がり、出店機会が増えるメリットがある。しかし、組織管理体制と感性のジレンマ、ビジネス拡大のスピードとブランドの飽和点とのジレンマ、色々なジレンマもある・・・。

記事を読む
【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(3)ユニクロ対ZARA

【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(3)ユニクロ対ZARA

H&Mに関しては、トレンドにしてもベーシックにしても・・・ファッション流通ビジネスで考えられるマーケティングの手だてを尽くし、ローカルファッションチェーンにとってこれほど脅威な存在はないでしょう。

記事を読む
【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(1)ユニクロは中国の売上高が日本を上回るという快挙を 実現できるだろうか?

【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(1)ユニクロは中国の売上高が日本を上回るという快挙を 実現できるだろうか?

2015年12月、ユニクロの海外店舗数が国内店舗数を上回った。今シリーズは、ファッション流通の現場から齊藤孝浩氏がお送りするシリーズ第1回目です。

記事を読む