M&A速報

日本水産<1332>、水産卸売の大水を支援するためTOBを実施へ

2009/02/20

日本水産は、水産卸会社である大水(大阪市)の経営再建を支援するため、TOB(株式公開買い付け)により同社株式を追加取得すると発表した。現在約7.94%の出資比率を20.00%に引き上げる。

大水は架空取引が発覚し、2009年3月期第2四半期において11億円の特別損失を計上している。日本水産は大口取引先である大水の経営体質を改善するためには、連携強化による信用補完や人的支援が必要不可欠であると判断した。

買付価格は1株あたり185円で、公表前営業日の終値122円に対して51.64%のプレミアムを加えた。買付予定数は155万9000株で、買付総額は2億8800万円。買付期間は2009年2月23日から3月23日まで。決済の開始日は2009年3月27日。

関連の記事

9月に「東方経済フォーラム」が開かれるロシアとのM&A 12年間でわずか3件

9月に「東方経済フォーラム」が開かれるロシアとのM&A 12年間でわずか3件

2019/08/24

ロシアのウラジオストクで2019年9月4日から6日までの3日間「第5回東方経済フォーラム」が開催され、日ロ経済交流の高まりに関心が集まる。だが、M&Aに関しては2008年からの12年間でわずか3件と極めて少ない。

株主優待の拡充相次ぐ 日清、株主専用カップ麺/すかいらーく、食事券3倍

株主優待の拡充相次ぐ 日清、株主専用カップ麺/すかいらーく、食事券3倍

2017/03/12

株主優待を新設・拡充する企業が相次いでいる。M&A巧者で知られる日本電産は初めて株主優待を設けたほか、すかいらーくは株主優待の食事券の金額を3倍に引き上げた。M&A Online編集部が最近制度を変更した優待銘柄を紹介する。

M&A速報検索

クリア