M&A速報

ラオックス<8202>、家電販売の北越ケーズに佐久平店を譲渡

2009/01/07

ラオックスは、子会社のラオックスヒナタ(長野市)が手がける佐久平店の事業を、ケーズホールディングスの子会社で家電製品・情報関連機器販売の北越ケーズ(新潟市。売上高207億円)に譲渡することを決議した。

ラオックスヒナタは1988年に日南田電気とラオックスが業務提携を行うことにより設立、長野県において営業活動を続けてきたが、競合大型店の出店加速による企業間競争の激化や小売市場の冷え込み等により、7期連続して損失を計上した。親会社であるラオックスも同様の要因により厳しい経営状況にあり、営業存続が会社資源を悪化させると判断。自主的な再生は不可能と判断し、今回の事業譲渡を決断した。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2009年1月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

【希望退職者募集】1000人のレオパレスを筆頭に上期だけで29社、昨年1年間に迫る

【希望退職者募集】1000人のレオパレスを筆頭に上期だけで29社、昨年1年間に迫る

2020/07/05

希望退職者を募集する動きがひっきりなしだ。6月も賃貸アパート大手のレオパレス21、外食チェーンのフレンドリー、免税店大手のラオックスなど6社に上った。1~6月(上期)では合計29社に上り、昨年1年間の36社に早くも並ぶ勢いだ。

レナウンだけではない、中国企業に買収された日本企業とその後は?

レナウンだけではない、中国企業に買収された日本企業とその後は?

2020/05/23

中国企業に買収された日本企業は少なくない。アパレルの名門、レナウン(東証1部)もそんな企業の一つだが、15日、東京地裁から民事再生手続き開始の決定を受け、事実上倒産した。過去に中国企業の傘下に入った主な日本企業の顔ぶれとその後は?

【希望退職者募集】1~3月は15社、前年のほぼ倍に|新型コロナの直撃も

【希望退職者募集】1~3月は15社、前年のほぼ倍に|新型コロナの直撃も

2020/04/01

希望退職者を募集する上場企業が増え続けている。1~3月に計画を発表した企業は15社を数え、前年同期(8社)からほぼ倍増した。業種では製造業が半数を占めるが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う訪日観光客の激減が引き金となったケースも2社ある。

希望退職者募集、2月すでに5社|新型肺炎の直撃も

希望退職者募集、2月すでに5社|新型肺炎の直撃も

2020/02/25

希望退職者の募集に踏み切る上場企業の列が途切れない。先週末、特殊印刷のNISSHAが250人規模での募集を発表した。2月に入り、希望退職の計画を発表したのは東芝機械、シチズン時計、サッポロホールディングス、ラオックスに続き5社となった。

【ラオックス】「訪日客」依存から転換なるか、希望退職募集で見えてきたこと

【ラオックス】「訪日客」依存から転換なるか、希望退職募集で見えてきたこと

2020/02/20

総合免税店大手のラオックスは子会社を含めて160人規模の希望退職者の募集を始めた。同社の主要顧客は中国人観光客。足元では中国発の新型コロナウイルスの感染拡大で、訪日客が激減し、業績を直撃する事態となっているが、理由はそれだけではない。

【ラオックス】中国人観光客頼みからの脱却 M&Aなどで売り上げ2・5倍に

【ラオックス】中国人観光客頼みからの脱却 M&Aなどで売り上げ2・5倍に

2018/04/12

ラオックスが大きく経営の舵を切る。これまでは中国人観光客向け免税品の売上高が全体の75%を占めていたが、3年後にはこの比率を37%ほどに引き下げる。免税品以外の事業の売り上げを伸ばし実現する。同時に全体の売上高を3年間で2.5倍に高める。

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

2018/04/05

東証の「適時開示」ベースで買収案件を集計したところ、3月は49件と前月より4件減った。大型案件が目立ち、日本たばこ産業がロシアのたばこメーカー4位を約1900億円で、東レがオランダの炭素繊維大手を1230億円でそれぞれ子会社化した。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5