西郷輝彦氏が望みをかけた最先端の「PSMA標的内用療法」とは

alt
PSMA標的内用療法の登場など、がん治療は日進月歩だ(写真はイメージ)

「星のフラメンコ」などのヒット曲で知られる歌手で、俳優でもあった西郷輝彦さんが2月20日、75歳で亡くなった。死因は前立腺がん。2011年に前立腺がんと診断されて全摘出手術を受けたが、2017年に再発していた。2021年4月からは日本では未承認の「PSMA標的内用療法」を受けるために豪州へ渡っていたが、がんを克服できなかった。西郷さんが最後の望みをかけたPSMA標的内用療法とは、一体どのような治療なのか。

体内でピンポイントの「放射線治療」

前立腺がんの「ステージ3」での5年生存率は100%。他のがんに比べると高く、治療予後は良い。ただ、再発の危険性はあり、国内のがん死亡者数では肺がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、結腸がん、肝臓がんに次ぐ7位になっている。男性では4位と高い。

前立腺がんの標準治療としては外科手術や放射線治療、内分泌(ホルモン)療法、化学(抗がん剤)療法、積極的な治療を中断して進行を観察する監視療法や高齢者向けの待機療法などがある。西郷さんは外科手術後に再発した。そこで選択したのがPSMA標的内用療法だった、

PSMA(Prostate Specific Membrane Antigen)は「前立腺特異的膜抗原」と呼ばれるタンパク質で、前立腺がん細胞の表面の膜に多く存在する。このPSMAと結合しやすい分子に放射性物質を融合して、点滴で体内に投与する。前立腺がん表面のPSMAとしか結合しないため、がん細胞にのみ体内から放射線を照射することが可能だ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(25) セルジェンテック

大学発ベンチャーの「起源」(25) セルジェンテック

2021-01-30

セルジェンテックは千葉大学発の遺伝子治療・再生医療の医薬品開発ベンチャー。2003年10月、後に千葉大の学長となる同大の齋藤康教授が取り組んだ遺伝子治療用脂肪細胞の研究をベースに事業化した。同社が開発を進めているのは遺伝子導入細胞医薬品だ。