ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「130万人の社長データ」調査

alt

社長の名字 最多は「佐藤」さん、大企業は「鈴木」さんが逆転

全企業の社長の名字は、「佐藤」が1万8,131人(構成比1.3%)で最多だった。次いで、「鈴木」が1万6,623人(同1.2%)、「田中」が1万3,315人(同1.0%)、「山本」が1万957人(同0.84%)、「伊藤」が1万939人(同0.84%)の順。「高橋」は8,642人(同0.6%)で9位だったが、19位の「髙橋」4,990人(同0.3%)を加えると、1万3,632人で、3位の「田中」を上回る。

大企業は、「鈴木」が145人(同1.14%)で143人の「佐藤」(同1.12%)を逆転。次いで、「田中」が123人(0.9%)で3位を維持した。「加藤」は全企業の8位から4位、「清水」が18位から12位、「髙橋」が19位から14位、「池田」は21位から16位、「後藤」は31位から20位と、それぞれ順位をあげた。

社長の名字ランキング

社長の星座 「みずがめ座」が最多

社長の星座の最多は「みずがめ座」9万6,553人だった。次いで、「うお座」9万4,441人の順。一方、大企業社長の星座の最多は、同じく「みずがめ座」1,036人だった。次いで、全社長で5位だった「おとめ座」が912人、「うお座」888人の順。

社長の誕生日 「1月1日」が最多

社長の誕生日は、「1月1日」が8,603人(構成比0.8%)と最多だった。次いで、「1月2日」の5,947人(同0.6%)、「1月3日」の4,212人(同0.4%)で、3位まで正月三が日が占めた。

大企業社長の誕生日も、「1月1日」が70人(同0.6%)で最多。次いで、「1月26日」の47人(同0.46%)、「4月1日」の46人(同0.45%)の順。
大企業の社長も1月生まれが多かったが、全社長ではランクインしなかった10月生まれ(10月1日、10月18日)が上位に食い込んだ。
社長の誕生日のダントツの最下位は全社長、大企業社長とも「うるう年」の2月29日だが、これを除くと12月31日など年末が多く、年末と年始で大きな違いが出た。

日本の社長、130万人のデータをみると創業社長や2代目などの後継者、大企業や系列会社のサラリーマン社長まで様々だ。全企業の学歴は、「大卒」が5割を占めるが、社長の必須条件として学歴は当てはまらないようだ。「趣味」では、仕事のつきあいも多い「ゴルフ」がトップだったが、全企業では「無趣味」が2位に入り仕事を趣味とする社長が多い結果が出た。

また、「持家」が9割を占めた。これは収入が多い側面もあるかも知れないが、いまだに自宅不動産などの担保提供を求められ、ABL(動産・債権担保融資)など多様な資金調達の遅れや個人と会社の資金繰りの区別がつきにくい事が反映しているとみられる。中小企業の社長は、会社の資金調達に際して個人の連帯保証を付けざるを得ないケースが多い。会社が倒産や経営危機に陥った場合、個人資産も同時に喪失するリスクを負っており、必ずしも社長は世間が思うほど優雅な生活を送っている訳ではない。

一方、全体のわずか1%ほどの大企業の社長は、「読書」、「スポーツ」などを趣味にして、仕事やプライベートも充実しているようだ。大企業の社長は、「大卒」が85%を占め、「大学院卒」や「留学」の比率も高い。大企業の社長を目指すには「趣味」による人格や人脈の形成が不可欠で、しかも「最終学歴」も重要と、これまた世間が思うほど簡単な道のりではない。

大企業のサラリーマン社長は、オーナーや創業家でない限り多くの同期、上司などライバルに打ち勝ち、運も味方に実績を積み上げることが重要なファクターだろう。社長の椅子を手中にできるほんの一握りの人は、同族企業以外では熾烈な競争の勝者とも言える。
だが、社長に就いても苦労は絶えない。従業員の生活を守り、取引先と良好な関係を構築し、会社を成長させなければいけないからだ。また、事業を承継するため後任を探し、育成し、社長業を引き継ぐことも重要な仕事となる。

誕生日や星座は変えられない。が、運も実力のうち。何もせず社長の座を諦めるのは早い。まずは将来に繋がる勉強、研鑽に努め、「読書」や「スポーツ」など多様な趣味で人間を磨くと、いずれはあなたも社長の座に・・・。

2016年9月16日東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

2016/05/16

創業し、現在も同業界の首位の座を守っているセコム。セキュリティサービス事業の売上高構成比は、現在6割弱にまで減らしている。セコムのM&Aを見つめてみる。