ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

alt

大量保有データベース検索でわかったこと

例えば、ナブテスコ<6728>をみてみましょう(時価総額は4,200億円ぐらいです)。対象会社「ナブテスコ」で検索してみると、タイヨウファンドが最後に大量保有を提出したのが、2011/1/13であることが分かります。

入れ替わるように大量保有を提出しているのが、住友信託銀行(現 三井住友信託銀行)です。信託銀行は自己勘定で取引しないので、どこかの委託と考えられます。筆者はこれがカルパース本体ではないかと推測しています。

現在、ナブテスコの筆頭株主は、有価証券報告書によれば、住友系列の日本トラスティ・サービス信託銀行で、保有割合は6%程度です。またタイヨウファンドが大量保有しているはずのディスコ<6146>筆頭株主も、日本トラスティ・サービス信託銀行であり、この推測を補強しています。

カルパースは信託銀行経由で日本株を保有している

今回、大量保有データベースから追っていくと、カルパースは信託銀行経由で日本株式を保有していると推測しました。このように大量保有データベースをうまく活用すれば、金融マーケットをまた新しい視点で見ることができるようになります。

是非、読者のみなさんも大量保有データベースを活用して、推理・分析してみてください。
それでは、次回もお楽しみに。

文:AT@M&A Online編集部

関連リンク
大量保有データベースを使ってみる
大量保有 企業側が見るべきポイント(前編)
大量保有 個人投資家が見るべきポイント(後編)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【経営者・株主必見!】株主になることにメリットは何か?

【経営者・株主必見!】株主になることにメリットは何か?

2017/03/09

株主の権利には「もうけの一部をもらえる権利」と「経営に口出しできる権利」があります。一方で会社側は出資を募ることでより大きなビジネスをすることができます。