M&A速報

三井住友トラスト・ホールディングス<8309>、シティグループ<8710>のクレジットカード事業者の全株式取得

2015/03/31

三井住友トラスト・ホールディングス(株)の子会社である三井住友信託銀行(株)(以下「三井住友信託銀行」)は、クレジットカード事業者のシティカードジャパン(株)(以下「シティカードジャパン」)の全株式を取得した。

日本におけるクレジットカードの取扱高は、順調に拡大を続けており、クレジットカード市場は今後も成長が見込まれる有望なマーケットとなっている。こうした中で、今般、三井住友信託銀行はクレジットカード事業の強化およびリテール事業の商品・サービスの充実を目的にシティカードジャパンの株式を取得するとのことである。

本件株式取得により、双方がこれまで積み重ねてきたブランド力と伝統を活かし、顧客にこれまで以上に優れた特徴ある商品・サービスを提供することが可能となるとのこと。三井住友信託銀行の顧客には「ダイナースクラブ」カードをはじめとする、上質で付加価値の高いカードサービスを提供するとともに、シティカードジャパンの顧客には三井住友信託銀行の様々な商品・サービスを活用できる機会を幅広く提供してゆく方針としている。

株式譲渡価格は非公表。

株式譲渡完了予定は2015年末まで。

M&Aデータベース

関連の記事

三井住友トラストホールディングス、2024年頃から「運命」のタイミングが始まる|ビジネスパーソンのための占星術

三井住友トラストホールディングス、2024年頃から「運命」のタイミングが始まる|ビジネスパーソンのための占星術

2021/11/04

三井住友トラスト・ホールディングスが2011年4月の発足から10年を迎えた。メガバンクに属さない独立した信託銀行グループとして独自路線を歩んできた同社。その行く手を西洋占星術の観点から展望してみる。

「山一証券」廃業から20年、金融版図は一変した

「山一証券」廃業から20年、金融版図は一変した

2017/11/24

山一証券が破たんして今日で20年になる。1997年11月24日、自主廃業の届けを出し、四大証券の一角が崩れた。この1週間前には北海道拓殖銀行が行き詰まり、都市銀行として初めて破たんした。「悪夢の一カ月」を経て、業界版図は一気に塗り替えられることになった。

米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

2017/07/06

米カリフォルニア州職員退職年金基金(通称カルパース)は、金融マーケットでは有名なビッグプレイヤーですが、最後に大量保有を提出したのは、2009年です。かなりの日本株を保有しているはずなのですが、現在の運用実態はどうなっているのでしょうか。大量保有データベースから追ってみましょう。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5