ドイツ銀行が日本企業関連のM&Aアドバイザーとなった主な案件

被買収側買収側買収額
2017 タカタキー・セーフティー・システムズ 1750億円
2015 ※トールホールディングス 日本郵便 7145億円
2012 スプリント・ネクステル ソフトバンク 1兆5845億円

(表はトムソン・ロイターの資料を基に作成。※は被買収側のアドバイザー、その他は買収側のアドバイザー

ソフトバンクとの関係は?今後もありそう大型M&A

ドイツ銀行は2012年以前にも大型のM&Aにかかわっています。2006年にソフトバンクがボーダフォン日本法人(現ソフトバンク)を買収する際は、ソフトバンク側のアドバイザーとして、みずほコーポレート銀行やゴールドマン・サックス証券とともに、M&Aをまとめました。買収額が当時、日本最大級となったため、大きな関心を集めました。ドイツ銀行とソフトバンクとの関係は強いようで、今後も大型のM&Aが実現する可能性は高そうです。

文:M&A Online編集部