ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ドイツ銀行】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<5>

alt

ドイツ銀行が日本企業関連のM&Aアドバイザーとなった主な案件

被買収側 買収側 買収額
2017 タカタ キー・セーフティー・システムズ 1750億円
2015 ※トールホールディングス 日本郵便 7145億円
2012 スプリント・ネクステル ソフトバンク 1兆5845億円

(表はトムソン・ロイターの資料を基に作成。※は被買収側のアドバイザー、その他は買収側のアドバイザー

ソフトバンクとの関係は?今後もありそう大型M&A

ドイツ銀行は2012年以前にも大型のM&Aにかかわっています。2006年にソフトバンクがボーダフォン日本法人(現ソフトバンク)を買収する際は、ソフトバンク側のアドバイザーとして、みずほコーポレート銀行やゴールドマン・サックス証券とともに、M&Aをまとめました。買収額が当時、日本最大級となったため、大きな関心を集めました。ドイツ銀行とソフトバンクとの関係は強いようで、今後も大型のM&Aが実現する可能性は高そうです。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

LINEはなぜ格安スマホで失敗したか

LINEはなぜ格安スマホで失敗したか

2018/02/02

SNS大手のLINEが運営する格安スマホ「LINEモバイル」がソフトバンクの傘下に入ることになった。「LINE使い放題で月額500円」の超低料金をセールスポイントに参入したもののシェアを伸ばせず、事実上の「身売り」に。LINEモバイル失敗の理由とソフトバンクの狙いを探る。