京樽の記事一覧

「吉野家」コロナ禍で縮小均衡に 「すき家」との売上格差は拡大

「吉野家」コロナ禍で縮小均衡に 「すき家」との売上格差は拡大

吉野家ホールディングスが2021年4月1日に、持ち帰りずしや回転寿司事業を手がける子会社の「京樽」を売却する。2000年から企業買収で業容を拡大してきた同社だが、コロナ禍で縮小均衡を余儀なくされた格好だ。

記事を読む
スシローの京樽買収は本当にいい買い物だったのか?

スシローの京樽買収は本当にいい買い物だったのか?

スシローが吉野家から京樽を買収しました。京樽は百貨店などで持ち帰りずしを提供しているほか、都市型の小型回転寿司店「海鮮三崎港」を運営しています。2社の相乗効果は本当に高いといえるのでしょうか。

記事を読む
【2月M&Aサマリー】95件、13年ぶりの高水準|ルネサスが英半導体を6000億円超で買収

【2月M&Aサマリー】95件、13年ぶりの高水準|ルネサスが英半導体を6000億円超で買収

2021年2月のM&A件数(適時開示)は前年同月を14件上回る95件と、2月として2008年(95件)と並ぶ13年ぶりの高水準を記録した。年明け1月は53件で前年同月比21件の大幅減だったが、急反転した。一方、取引金額は約1兆1700億円と2008年2月の3倍の規模で、この間の最高額となった。

記事を読む
流転する「京樽」、今度の親会社は「スシロー」に

流転する「京樽」、今度の親会社は「スシロー」に

京樽といえば、テイクアウト寿司で抜群の知名度を持つ。京都発祥で創業90年に及ぶ老舗だ。そんな業界の名門が回転寿司大手のスシローグローバルホールディングスに4月1日付で買収されることになった。実は京樽が買収のターゲットになるのは今回が初めてではない。

記事を読む
2年後に復活を期す「吉野家」そのシナリオとは

2年後に復活を期す「吉野家」そのシナリオとは

2021年2月期に2年ぶりに最終赤字に転落する見込みの吉野家ホールディングスが、2年後の2023年2月期に復活の見通しを掲げている。 強気見通しの裏付けとなっている戦略はどのようなものなのか。

記事を読む
業績立て直し中の「吉野家」客数増え営業利益34倍に 

業績立て直し中の「吉野家」客数増え営業利益34倍に 

吉野家ホールディングスが好調だ。牛丼事業の「吉野家」の2019年12月の既存店の来店客数が前年同期比110.8%となり、8月の同110.3%を上回り、今期(2019年3月-2020年2月)で最も高い伸びとなった。

記事を読む
【吉野家HD】寿司、ステーキ…買収後の業績は「はなまる」には遠く

【吉野家HD】寿司、ステーキ…買収後の業績は「はなまる」には遠く

吉野家ホールディングスがM&Aを通じて事業の多角化に取り組んでいる。かつては牛丼の一本勝負だったが、2004年に発生したBSE問題を機にうどんやステーキなど提供する食材を多様化している。しかし収益への貢献は道半ばだ。

記事を読む