2017年8月29日〜2017年9月1日にM&A newsで取り上げた注目のニュースを厳選してお届けします。

2017年8月29日

大阪ソーダ<4046>、資生堂<4911>のクロマトグラフィー事業を譲受

基礎化学品、機能化学品等の製造・販売を行う大阪ソーダは、資生堂の連結子会社である資生堂医理化テクノロジー(売上高6億円、営業利益1千万円)の全株式及び資生堂の中国現地子会社である資生堂(中国)投資有限公司のクロマトグラフィー部門を合わせて譲り受けることに合意した。

アエリア<3758>、簡易株式交換によりGG7を完全子会社化

オンラインコンテンツ事業とITサービス事業のアエリアは、キャラクターコンテンツの企画・プロデュースを行うGG7(売上高6億円、営業利益4千万円、純資産3千万円)を簡易株式交換により完全子会社化することを決議した。

テクニカル電子<6716>、アスパイアホールディングスを子会社化

駐車場の設計・運営を行うテクニカル電子は、駐車場の管理・運営を行うタキザワ企業(売上高9千万円、営業利益3百万円、純資産1億円)及び不動産の賃貸・管理を行うアスパイアホールディングス(売上高5千万円、営業利益1千万円、純資産1億円)の全株式を取得し完全子会社化することを決議した。

住友ゴム工業<5110>、ダンロップスポーツ<7825>並びにダンロップスポーツインターナショナルと合併契約を締結

タイヤ等の製造販売を行う住友ゴム工業とゴルフ用品、テニス用品の製造販売を行うダンロップスポーツ(売上高732億円、営業利益40億円、純資産349億円)は、住友ゴム工業を吸収合併存続会社、ダンロップスポーツを吸収合併消滅会社とする吸収合併契約を締結した。また住友ゴム工業は、ダンロップスポーツが所有するダンロップインターナショナル株式全てを取得すること及び本合併の効力発生を停止条件として、住友ゴムを吸収合併存続会社、ダンロップインターナショナルを吸収合併消滅会社とする吸収合併契約を締結した。

ネットイヤーグループ<3622>、SaaS関連事業子会社を譲渡

デジタルマーケティングのコンサルティング等を行うネットイヤーは、SaaS型グループウェアの開発、販売を行う連結子会社rakumoの保有株式51.01%全てをベンチャーキャピタル事業を営むモバイル・インターネットキャピタル、アイ・マーキュリーキャピタル、オプトベンチャーズ、Spiral Ventures Japan、クラウドセキュリティサービスのHDE及び個人である高間徹氏へ譲渡することを決議した。

2017年8月30日

日清紡ホールディングス<3105>、ファウンデーションブレーキ事業を譲渡

日清紡ホールディングスは、連結子会社である日清紡ブレーキ等において営む自動車用ブレーキ事業の内、ファウンデーションブレーキ事業(セグメント売上高:149億円、セグメント別利益:4億円、セグメント資産:121億円)を、アイシン精機グループの主要子会社の 1社である豊生ブレーキ工業に譲渡することを決議した。

ネット販売スクロール<8005>、インターネットサービス会社を買収へ

スクロールは、インターネットサービスのミネルヴァ・ホールディングス(連結売上高:67億円、連結営業利益:△1億円、連結純資産:6億円)の株式を取得し子会社化することに向け、独占交渉権を以って協議を進めることについて、ミネルヴァ社の親会社であるデカトロン エス・エーとスクロール間で基本合意書を締結することを決議した。

オリエントコーポレーション<8585>、家賃決済保証事業会社を買収

オリエントコーポレーションは、家賃決済保証事業のリクルートッフォレントインシュアの全株式を取得する株式譲渡契約をリクルートホールディングスと締結した。

2017年8月31日

美濃窯業<5356>、高機能セラミックスの事業譲受

ニューセラミックス・耐火物の製造販売等を行う美濃窯業は、取締役会において花王より高機能セラミックス事業を譲り受ける事を決議した。

アルファクス・フード・システム<3814>、ホテル運営事業譲受

アルファクス・フード・システムは、取締役会においてナチュラクグリーンリゾートからホテル運営事業(売上高:1億円)を譲り受ける事を決議した。

2017年9月1日

カヤック<3904>、新会社設立及び事業譲受

広告制作・ゲーム事業等を展開するカヤックは、SuMiKa(売上高:6千万円)が運営するサービス「SuMika」を譲り受け、同サービスを運営する事業会社として「カヤックLIVING」を設立することを決議した。

SOMPOホールディングス<8630>、Sompo Canopius社 AGを譲渡

SOMPOホールディングスは、Sompo Canopius社 AG(グロス保険料:1509億、連結税引前利益:64億、連結純資産:896億、以下「Canopius社」)の全株式を譲渡する株式譲渡締結契約をCenterbridge Partners, L.P.社(以下「Centerbridge 社」)の関連会社が運営するファンドが出資するFortuna Holdings Limited 社と締結したことを発表した。

セコム<9735>、TMJを子会社化

セコムは、取締役会において、ベネッセホールディングスおよび丸紅が保有するTMJ(売上高:331億円、営業利益:14億円、純資産:74億円)の全株式を取得することを決議した。