M&A速報

カヤック<3904>、タマホーム<1419>傘下のSuMiKaから住宅マッチングサービス事業を取得

2017/09/01

カヤックは、住宅関連Webサービスを手がけるSuMiKa(東京都港区)が運営するサービス「SuMiKa」を取得することを決めた。取得価額は7000万円。取得予定日は2017年9月19日。

タマホームはSuMiKaの株式73.5%を所有しており同社の親会社。カヤックも9.0%出資している。対象事業の「SuMiKa」は多様な住まいや暮らしを求める顧客や建築関連の専門家向けのWebサービスで、住宅マッチングのノウハウが集積されている。直近売上高は6600万円。カヤックは同サービスを運営する事業会社として、カヤックLIVING(神奈川県鎌倉市)を9月1日付けで設立した。事業の取得により、地域への移住促進・支援を図り、既存事業の相乗効果や地域資本の最大化を実現する。

M&Aデータベース

関連の記事

【Hamee】モバイルアクセサリー、EC支援に続く次の一手は

【Hamee】モバイルアクセサリー、EC支援に続く次の一手は

2020/07/30

Hameeはスマートフォンケースをはじめとするモバイルアクセサリーの企画販売と、ネット通販などの電子商取引(EC)サイト向けサービスを2本柱とする企業。樋口敦士社長が学生時代に起業したベンチャーが源流で、主力2事業をM&Aで成長させている。

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

2019/04/22

​日本企業が中国子会社を売却する動きが広がっている。1~3月は各月1件だったが、4月はすでに5件に上る(適時開示ベース)。その大半が人件費上昇や人民元高に伴う収益悪化を理由とする。繊維、衣料関連が目立ち、今年の全8件中、4件を占める。

祝ハタチ! 今年、創業20年を迎える企業

祝ハタチ! 今年、創業20年を迎える企業

2018/01/07

今年、創業20年を迎えるのは、1998年にスタートアップした企業です。スポーツ界では、冬季長野オリンピック・パラリンピックが開催され、第16回サッカーW杯・フランス大会に日本が初出場。映画『タイタニック』は大ブームとなりました。『Windows 98』が発売され、郵便番号の7ケタ化も始まりました。金融不安の中、日本長期信用銀行、日本債券信用銀行が破綻しました。1998年の創業から20年、ビジネス界に大きな影響を与えたのは? M&Aの状況も踏まえて見ていきましょう!

M&A速報検索

クリア