日本写真印刷は6月30日付で、ガスセンサーを開発・製造するエフアイエス(兵庫県伊丹市。売上高約12億3000万円。営業利益6100万円、純資産5億9300万円)を株式交換により完全子会社化すると発表した。

エフアイエスは1992年11月設立で、半導体方式のガスセンサーを使ったガス警報器や空気清浄機などを展開している。日本写真印刷はタッチセンサーを手がけているが、新たなセンシング技術としてガスセンサーを視野に検討を進めていた。エフアイエスのガスセンサー技術やノウハウを取り込み印刷技術と融合させることで新たな製品群の開発を目指す。

取得価額は15億7000万円。