日本写真印刷(京都府)は、連結子会社のNissha Medical International, Inc.を通じて、WestView Capital Partners II, L.P.(米国)他より、持株会社であるGraphic Controls Holdings, Inc. (米国、売上高120億円、営業利益11億円、純資産35億円、以下対象会社)の株式97.1%を取得し、対象会社およびその傘下にある事業会社であり、病院などの医療機関向けに医療機器を生産・販売するとともに、大手医療機器メーカー向けの受託生産事業を展開するGraphic Controls Acquisition Corp.(米国、売上高66億円、営業利益8億円、純資産41億円)およびそのグループ会社(以下Graphic Controlsグループ)を子会社化することを決議した。

日本写真印刷は、対象会社および傘下にある事業会社の子会社化を通じて、医療機器分野の製品群と市場を事業ポートフォリオに取り込むとともに、グローバルベースでの販路を獲得し、Graphic Controlsグループを足がかりにメディカル市場での事業拡大を図り、既存のコンシューマー・エレクトロニクス分野とのバランスの取れた事業基盤を構築するとともに、中期的にはコア技術を融合し、生産効率の改善や新製品の開発などの取り組みを加速するとしている。

株式取得価額は151億円(アドバイザリー費用等含む)。

株式譲渡実行予定日は平成28年8月下旬。