M&A速報

東京急行電鉄<9005>、東急車輛製造の立体駐車装置など2事業を新明和工業<7224>へ譲渡

2011/10/27

東京急行電鉄は、完全子会社である東急車輛製造の立体駐車装置事業と特装自動車事業を新明和工業へ譲渡すると発表した。会社分割により設立する新会社2社の株式を譲渡する。東急車両製造の業績は、需要の低迷などにより計画数値を下回る状況が続いていたため、事業再構築の一環として売却することにした。東急車両製造の鉄道車両事業についても切り離し、同社は不動産を保有する会社として存続する。取得価額は非公表。取得予定日は2012年4月2日。

関連の記事

【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ−M&Aシネマ繁盛記

【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ−M&Aシネマ繁盛記

2019/10/24

東宝の歴史はM&Aの歴史だ。1932年に阪急電鉄創業者の小林一三氏が東京宝塚劇場を設立、これが「東宝」の語源である。設立早々に東急を立ち上げた五島慶太氏から渋谷・道玄坂の東横映画劇場を買収したのを皮切りに、映画産業内でのM&Aを加速する。

【京王井の頭線】戦前の合併劇に揺れた東京郊外の路線(後編)

【京王井の頭線】戦前の合併劇に揺れた東京郊外の路線(後編)

2018/09/30

東京郊外鉄道は1933年8月に渋谷~井の頭公園間の営業が開始。その後、社名を帝都電鉄と改称したが、その営業は困難をきわめた。小林一三、五島慶太を迎え、京王井の頭線は小田急の傘下に。その後、東急を経て京王の傘下に入ったのは、戦後のことだった。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5