ノリタケカンパニーリミテドとクラレは、2011年4月1日付で持ち株会社を新設し両社の歯科材料子会社を統合すると発表した。

両社はまず持株会社クラレノリタケデンタルホールディングスを新設(出資比率はクラレが66.7%、ノリタケが33.3%)し、同持ち株会社がノリタケの完全子会社で歯冠用セラミックスを製造するノリタケデンタルサプライ(名古屋市。売上高27億1000万円、営業利益1億8500万円、純資産9億8100万円)とクラレの完全子会社で歯科材料メーカーのクラレメディカル(岡山市。売上高58億9000万円、営業利益6億9200万円、純資産67億1000万円)の全株式を取得する。

その後、2012年4月1日をめどにクラレメディカルが、持ち株会社とノリタケデンタルサプライを吸収合併し、クラレノリタケデンタルサプライとなる。