M&A速報

プラス・テク<4219>、電気化学工業<4061>から塩ビコンパウンド事業を取得

2008/10/01

プラス・テクは、電気化学工業から塩ビコンパウンド事業を取得することを決議した。

取得により新たな製品群や顧客層を開拓し、塩ビコンパウンド事業の拡大と収益力の強化を図る。

対象事業の直近売上高は23億8000万円。

取得価額は未定。取得予定日は2009年1月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

インフルとの同時流行に備え「新型コロナ」の検査キットが進化

インフルとの同時流行に備え「新型コロナ」の検査キットが進化

2020/10/07

インフルエンザとの同時流行に備え、新型コロナウイルスの検査キットの開発が活発化してきた。インフルエンザの流行が懸念される冬場に向けて、どのような検査キットが登場するだろうか。

新型コロナウイルス「検査ビジネス」新たなプレーヤーが続々

新型コロナウイルス「検査ビジネス」新たなプレーヤーが続々

2020/08/16

新型コロナウイルス感染症の陰性、陽性を診断する検査ビジネスに新たなプレーヤーの登場が相次いでいる。いつでも手軽に新型コロナウイルスの感染確認ができる日が近づいていそうだ。

15分で感染診断が可能なキットを投入「デンカ」の新型コロナビジネスの勝算は

15分で感染診断が可能なキットを投入「デンカ」の新型コロナビジネスの勝算は

2020/08/13

デンカは8月13日から15分で新型コロナウイルス感染の陰性、陽性が分かる新型コロナウイルス感染診断キットの​販売を始める。販売提携先の大塚製薬も9 月1 日から販売に乗り出す。

「新型コロナ」検査キットやワクチン開発が加速

「新型コロナ」検査キットやワクチン開発が加速

2020/07/22

新型コロナウイルス感染症の検査キットやワクチン開発が加速してきた。デンカは新型コロナウイルス感染症簡易検査キットの体外診断薬としての国内薬事承認を医薬品医療機器総合機構に申請した。

新型コロナ治療薬「アビガン」と「レムデシビル」に明暗くっきり

新型コロナ治療薬「アビガン」と「レムデシビル」に明暗くっきり

2020/06/04

新型コロナウイルス感染症治療薬として期待を集めている富士フイルム富山化学が開発した「アビガン」と、米国ギリアド・サイエンシズが開発した「レムデシビル」の明暗がはっきりしてきた。

​新型コロナ治療に効果が見込める「アビガン」がいよいよ使えるように

​新型コロナ治療に効果が見込める「アビガン」がいよいよ使えるように

2020/04/09

新型コロナウイルス感染症の治療薬として効果が期待されているアビガンを巡って動きが慌ただしくなってきた。近いうちにアビガンが本格的に使えるようになりそうで、緊急事態宣言中の一つの朗報といえるだろう。

新型コロナの治療薬として期待される「アビガン」増産へ

新型コロナの治療薬として期待される「アビガン」増産へ

2020/04/04

合成樹脂、無機材料、機能性セラミックス、医薬品などを手がけるデンカは、5月から新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待される「アビガン」の原料となるマロン酸ジエチルの生産に乗り出す。

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で地殻変動が

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で地殻変動が

2018/01/05

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で素材業界に地殻変動が起こる

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5