ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【連載】西洋占星術で時を味方に! 柳川隆洸が読み解く2018年

alt

2018年をより良く過ごすためのヒント 

2018年をより良く過ごすために意識しておきたいのが、「ラッキースター」と呼ばれる木星の位置。 
その木星が2018年は「蠍座」という場所を拡大・発展させます。 
蠍座には「物事を深めていく」「マニアックになる」という意味がありますから、あなた自身も何らかの専門性を持って深めることが重要になります。 
つまり、プロフェッショナルを目指すことがとても大切な1年であると言えるのです。 

2018年中になんらかのプロの階段に足をかけることができれば、2019年以降も順調に発展するサイクルに乗ることができます。 
もちろん、もうすでに何らかのプロとして活躍中の人は、無理に新しいジャンルに転向する必要はありません。 今の能力を洗練させる方に全力を傾ける1年にするのがオススメです。 

そして、2018年は公明正大で堂々とした立ち居振る舞いができている人ほど、幸運な発展力を実感することができるでしょう。
また直感や感性、アイデアはひらめきやすい1年なので、すぐに書き留められるようにアイデア帳は常に携帯しておきたいところです。

2018年は社会的に見ると不安を感じる要素がとても多い1年ですが、個々人の発展や自分自身をしっかりと深めることができていれば、それほどネガティブな要因に振り回されることもありません。
そのため、2018年の目標をイメージする際は、ある程度自分自身に目を向けて、自身の専門性についてイメージを膨らませることからファーストステップを踏み出してみましょう。 

素敵な2018年にするためにも、ほんの少し占星術の智慧を取り入れて、あなたの幸せな1年間を作るエッセンスになれましたら、とても嬉しいです。 

※次回は2018年1月16日(火)公開予定

柳川 隆洸 (やながわ・りゅうこう)

株式会社Furyu代表、TimeDirecter 

1978年大阪生まれ。 神戸芸術工科大学卒業後、アパレル会社に入社。インターネット物販が今ほど認知されていない時代に、アパレル販売サイトを立ち上げ、3か月で月間売り上げ1,000万円を超す人気店に成長させ、入社後わずか6か月で部長に就任。2つのブランドを1年でインターネットだけで年間売上5億円超へと成長させる。

自社ブランドの上場会社へのM&Aや取締役を経て独立。蓄積したWebマーケティングの知識を体系化し、社会人向けの起業スクールを立ち上げるかたわら、これまでの自身のビジネス活動で活用していた占星術が人生を大きく発展させてくれると確信。占星術を「より良く生きるための優れたツール」としてサービス提供を開始する。

完全紹介制で始めた占星術セッションは口コミで評判がひろまり、著名人や経営者など各界のリーダーをはじめ、1,000名以上の人のセッションを行なう。また、「あなたの未来がわかる手帳」として「TIME DIRECTION CAL」という完全パーソナルなカレンダーを発行し、人気を博している。

http://www.timedirection.com/


NEXT STORY

判断材料の一つに取り入れたい「タイムディレクション」というビジネスツール Furyu代表・柳川隆洸氏インタビュー

判断材料の一つに取り入れたい「タイムディレクション」というビジネスツール Furyu代表・柳川隆洸氏インタビュー

2017/12/09

人生においてもビジネスにおいても重要なタイミング。いいタイミングで行動するための判断材料に「タイムディレクション」を活用してみてはいかがでしょうか? 占星術をベースにした「タイムディレクション」の提唱者、柳川隆洸氏にビジネス目線での活用方法を伺いました。