東京商工リサーチの記事一覧

「グルメンピック」主催者の大東物産が倒産

「グルメンピック」主催者の大東物産が倒産

グルメンピックの開催延期を受けて、出店者側と返金でトラブルになっていた大東物産が破産申請を行った。負債総額は1億2340万円。債権者は510名。

記事を読む
2016年 全国社長の年齢調査

2016年 全国社長の年齢調査

東京商工リサーチによると、2016年の全国社長の平均年齢は61.19歳。特に製造業の社長の若返りが進まないと、日本の技術立国を支えてきた中小企業が持つ技能やブランドが消滅、流出の危機に直面する事態も危惧されると指摘している。

記事を読む
「日系企業のアメリカ進出状況」調査 1,853社の日系企業が進出し5,010拠点を展開

「日系企業のアメリカ進出状況」調査 1,853社の日系企業が進出し5,010拠点を展開

安倍首相とトランプ米大統領が会談し、新しい大統領との外交がはじまりました。東京商工リサーチによると、1,853社の日系企業が進出し5,010拠点を展開しているそうです。

記事を読む
2016年「休廃業・解散企業」動向調査 過去最多を更新

2016年「休廃業・解散企業」動向調査 過去最多を更新

2016年に休廃業・解散した企業数は2万9,583件と調査開始以来、過去最多となった。休廃業・解散の大きな要因に、高齢化と後継者不足があることがわかる。

記事を読む
パン・洋菓子の「イグレックプリュス」が倒産

パン・洋菓子の「イグレックプリュス」が倒産

神戸を中心に展開する焼き菓子とパンのお店「イグレックプリュス」が倒産しました。負債総額は約約6億7300万円とのことです。

記事を読む
老人福祉・介護事業の倒産状況 過去最多に

老人福祉・介護事業の倒産状況 過去最多に

東京商工リサーチによると、昨年の老人福祉・介護事業倒産件数は、2000年の調査開始以来、これまで最多だった2015年(76件)の1.4倍増、108件と急増した。

記事を読む
生存企業はわずか3割。「民事再生法」適用企業のその後

生存企業はわずか3割。「民事再生法」適用企業のその後

民事再生法の施行から16年。民事再生法を申請した9,406件のうち、進捗が確認できた法人7,341社を対象に追跡調査を行った。東京商工リサーチによると、生存企業はわずか3割(2,136社)という。

記事を読む
「130万人の社長データ」調査

「130万人の社長データ」調査

M&A Online編集部です。今回は「130万人の社長データ調査」(東京商工リサーチ)を取り上げます。全国の社長130万人のデータから浮かび上がった「社長像」は、「大学」卒、趣味は「ゴルフ」、自宅は「持家」に住み、誕生日は「みずがめ座」で、「1月1日」生まれの「佐藤」さん。という結果に。

記事を読む
上場企業「役員報酬 1億円以上開示企業」調査

上場企業「役員報酬 1億円以上開示企業」調査

M&A Online編集部です。今回は「上場企業 役員報酬 1億円以上開示企業調査」(東京商工リサーチ)を取り上げます。最高額はソフトバンクグループ ニケシュ・アローラ元副社長の64億7,800万円でした。

記事を読む
「日系企業のイギリス進出状況」調査

「日系企業のイギリス進出状況」調査

2016年6月23日、 イギリスは欧州連合(EU)からの離脱を問う国民投票を実施する。EUからの離脱が選択され た場合、2018年6月までに「リスボン条約(欧州連合条約および欧州共同体設立条約を修正するリスボン条約)」の適用は停止されることになる。EUに加 盟していたことに伴う、経済的なメリットを失うことになり、イギリスのみならず世界経済に大きな影響を与える可能性が指摘されている。今回は、日系企業のイギリスへの進出状況を調査した。

記事を読む
東京商工リサーチ「倒産月報」に見る 企業を取り巻く環境の変化(後編)

東京商工リサーチ「倒産月報」に見る 企業を取り巻く環境の変化(後編)

調査会社の東京商工リサーチは2016年4月、全国の支社店がまとめた地区ごとの倒産集計を取りまとめて分析した「2015年度(15年4月-16年3月)全国企業倒産状況」を発表した。同社、情報本部情報部課長の増田和史氏に企業を取り巻く環境の変化について解説してもらった。

記事を読む