M&A速報

宇部興産、「UBE」に社名変更|80年ぶり、来年4月から

2021/05/01

宇部興産は30日、2022年4月1日に社名を「UBE(ユービーイー)」に変更すると発表した。6月末の定時株主総会に諮り、正式決定する運び。社名変更は80年ぶりとなる。

宇部興産は1897年に山口県宇部の炭田開発を目的に設立した「匿名組合沖ノ山炭鉱組合」が始まり。以来、機械、セメント、化学へと事業を拡大し、1942年に各事業会社が合併して「宇部興産」を発足し、今日にいたる。機械事業については1999年に宇部興産機械(山口県宇部市)として分社化し、2022年4月には三菱マテリアルとセメント事業の統合を控える。これにより、本体は化学事業を中心とする体制とし、グローバル展開を加速する。

関連の記事

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

2019/12/30

12月のM&A市場は「売り」が勢いづいた。上場企業による子会社・事業の売却は18件に上り、年間最多となった。年末休み前の最終週(23~27日)だけで12件が集中。売却対象の子会社・事業の多くは不振状態にあり、“年末大決算”の様相を呈した。

【昭和シェル石油】出光が愛した企業の波乱万丈な「M&A遍歴」

【昭和シェル石油】出光が愛した企業の波乱万丈な「M&A遍歴」

2018/07/05

懸案だった出光興産との合併が、ようやく実現に向けて動き出した昭和シェル石油。長らく同族経営で大型M&Aとは無縁だった出光と違い、昭和シェル石油の成り立ちは「M&Aの歴史」そのもの。しかも同社はある国際石油メジャーの設立とも深く関わっている。

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で地殻変動が

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で地殻変動が

2018/01/05

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で素材業界に地殻変動が起こる

M&A速報検索

クリア