M&A速報

宇部興産<4208>、子会社のリチウムイオン二次電池向け電解液メーカーの株式を追加取得

2015/01/16

宇部興産(株)(以下「宇部興産」)は、リチウムイオン二次電池向けの製造及び販売事業に取り組んでいるAdvanced Electrolyte Technologies LLC(株式所有割合50%、以下「AET」)の持ち分を20%買い増し、子会社化することを決議した。なお、2015年3月末を目途に更に10.5%買い増しするとのことである。

今回の子会社化は、宇部興産がダウ・ケミカル・カンパニー保有持分50%のうち20%を買い増すことで、AETと宇部興産の電池材料事業との一体運営を強化し、事業の更なる拡大を図っていくものであるとしている。今後需要増が見込まれる車載用リチウムイオン二次電池向けを中心に、研究開発・生産・販売等でのシナジーをより一層発揮することで拡販やコストダウンを推し進めていくとしている。

株式取得価格は非公表。

株式譲渡実行日は2014年12月22日。

M&Aデータベース

関連の記事

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

2019/12/30

12月のM&A市場は「売り」が勢いづいた。上場企業による子会社・事業の売却は18件に上り、年間最多となった。年末休み前の最終週(23~27日)だけで12件が集中。売却対象の子会社・事業の多くは不振状態にあり、“年末大決算”の様相を呈した。

【昭和シェル石油】出光が愛した企業の波乱万丈な「M&A遍歴」

【昭和シェル石油】出光が愛した企業の波乱万丈な「M&A遍歴」

2018/07/05

懸案だった出光興産との合併が、ようやく実現に向けて動き出した昭和シェル石油。長らく同族経営で大型M&Aとは無縁だった出光と違い、昭和シェル石油の成り立ちは「M&Aの歴史」そのもの。しかも同社はある国際石油メジャーの設立とも深く関わっている。

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で地殻変動が

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で地殻変動が

2018/01/05

リチウムイオン電池 トヨタとパナソニックの協業で素材業界に地殻変動が起こる

M&A速報検索

クリア